« ■文書と記録のはざまで: 最良の文書・記録管理を求めて | トップページ | ■動産文化財救出マニュアル »

2014.09.11

■第5回 DAN(Digital Archives Network)ワークショップ「知のデジタルアーカイブの構築・連携」【9/19】

標記のワークショップが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、筑波大学知的コミュニティ基盤研究センターのサイトをご参照くだ
さい。
http://www.kc.tsukuba.ac.jp/symposium/dan201409/
----------
開催日時 2014年9月19日(金)13時00分 - 17時00分(受付:12時30分より)
 会終了後、30分程度参加者間の交流の時間を設ける予定です。
開催場所 岡山県立図書館 (岡山県岡山市北区丸の内2丁目6-30)
 2階 サークル活動室
主催 総務省(予定)、筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター
後援 一般社団法人メタデータ基盤協議会
協力 岡山県立図書館、インフォコム株式会社
参加費 無料
ワークショップ内容
挨拶 杉本重雄(筑波大学大学院図書館情報メディア研究科長)
第1部 講演 話題提供
・「総務省におけるデジタルアーカイブの取組」
 調整中
・「国立国会図書館におけるデジタルアーカイブの取組」
 調整中
・「東日本大震災アーカイブ福島協議会が目指すもの
 ~東日本大震災アーカイブ Fukushima での実証成果より~」
 菊池尚人(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任准教授)
・「大学や自治体等の東日本大震災アーカイブの構築について
 ~みちのく震録伝と多賀城市「たがじょう見聞憶」の事例~」
 柴山明寛(東北大学災害科学国際研究所准教授)
第2部 フリーディスカッション
・デジタルアーカイブの今後に関する意見交換
内容は主催者の都合により一部変更する場合がございます。
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■文書と記録のはざまで: 最良の文書・記録管理を求めて | トップページ | ■動産文化財救出マニュアル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/60297279

この記事へのトラックバック一覧です: ■第5回 DAN(Digital Archives Network)ワークショップ「知のデジタルアーカイブの構築・連携」【9/19】:

« ■文書と記録のはざまで: 最良の文書・記録管理を求めて | トップページ | ■動産文化財救出マニュアル »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...