« ■松本市文書館見学会/シンポジウム「基礎的自治体の文書館の現状と課題」【11/29】 | トップページ | ■平成26年度女性情報アーキビスト養成研修【12/10-11】 »

2014.11.16

■シンポジウム「過去を伝える、今を遺す ─歴史資料、文化遺産、情報資源は誰のものか」【12/13】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、史学会のサイトをご参照ください。
http://www.shigakukai.or.jp/news/anniversary125th/
---------
2014年12月13日(土)13時~17時30分
九州大学箱崎理系キャンパス 旧工学部本館大講義室
問題提起 岡崎 敦(九州大学)
報  告
1:考古学の現在と未来─公共考古学の位置価の視点から─
 溝口 孝司(九州大学)
2:アーカイブズ資料情報の共有と継承─Web2.0時代の情報管理と責任─
 清原 和之(九州大学)
3:高校世界史と教科「情報」─クリティカル・シンキングから資料リテラシ
ーへ─
 吉永 暢夫(修猷館高校)
4:歴史資料をめぐる「よそ者」と「当事者」─専門家的知性と市民的知性─
 市沢 哲(神戸大学)
コメント
 村野 正景(京都文化博物館)
 古川 祐貴(対馬歴史民俗資料館)
---------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■松本市文書館見学会/シンポジウム「基礎的自治体の文書館の現状と課題」【11/29】 | トップページ | ■平成26年度女性情報アーキビスト養成研修【12/10-11】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/60662323

この記事へのトラックバック一覧です: ■シンポジウム「過去を伝える、今を遺す ─歴史資料、文化遺産、情報資源は誰のものか」【12/13】:

« ■松本市文書館見学会/シンポジウム「基礎的自治体の文書館の現状と課題」【11/29】 | トップページ | ■平成26年度女性情報アーキビスト養成研修【12/10-11】 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...