« ■平成26年度女性情報アーキビスト養成研修【12/10-11】 | トップページ | 「移民アーカイブズ」について考える岡村淳監督ドキュメンタリー作品上映会/講演会~ブラジル日本人移民・橋本梧郎(植物学・博物学者)の採集資料とその行方~ »

2014.11.16

■シンポジウム「災害史を研究し続けること、史料を保全し続けることー新潟地震50年・中越地震10年ー」【12/6】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、主催者のサイトをご参照ください。
http://www.nhdr.niigata-u.ac.jp/news/3224/
---------
主 催 新潟大学災害・復興科学研究所 危機管理・災害復興分野
共 催 科学研究費基盤研究(S)「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確
立─東日本大震災を踏まえて」研究グループ、 新潟大学人文学部地域文化連携
センター、新潟歴史資料救済ネットワーク、新潟史学会
日 時 2014年12月6日(土) 13時30分~17時50分(受付開始 13時)
会 場 新潟大学総合教育研究棟1F大会議室
次 第
第1部 史料保全と被災地 13時30分~14時40分
吉原大志(阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター)
「阪神・淡路大震災 震災資料の20年」
山崎麻里子(長岡震災アーカイブセンターきおくみらい)
「中越メモリアル回廊の取り組みー地域と共に残し・伝えるー」
五十嵐聡江(葛飾区郷土と天文の博物館)
「被災者に寄り添う復興支援と文化遺産の活用ー岩手県山田町山田史談会と
の交流から考えるー」
第2部 災害史研究の意義 15時~16時
吉田律人(横浜開港資料館)
「関東大震災90周年の成果と課題ー横浜市の博物館及び文書館の視点からー」
中村 元(新潟大学災害・復興科学研究所)
「新潟地震から考える日本近現代史研究と災害史研究」
田嶋悠佑(新潟市歴史博物館)
「新潟地震を研究することー新潟地震展を担当してー」
パネル・ディスカッション 16時20分─17時50分
 司会:矢田俊文(新潟大学災害・復興科学研究所)、報告者
---------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■平成26年度女性情報アーキビスト養成研修【12/10-11】 | トップページ | 「移民アーカイブズ」について考える岡村淳監督ドキュメンタリー作品上映会/講演会~ブラジル日本人移民・橋本梧郎(植物学・博物学者)の採集資料とその行方~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/60662336

この記事へのトラックバック一覧です: ■シンポジウム「災害史を研究し続けること、史料を保全し続けることー新潟地震50年・中越地震10年ー」【12/6】:

« ■平成26年度女性情報アーキビスト養成研修【12/10-11】 | トップページ | 「移民アーカイブズ」について考える岡村淳監督ドキュメンタリー作品上映会/講演会~ブラジル日本人移民・橋本梧郎(植物学・博物学者)の採集資料とその行方~ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...