« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015.03.24

DJIレポート、No.100

http://www.djichiiyoko.com/

主な内容:

DJIレポート100号発行!…………………1
アーカイブ11年表…………………………2
NHK「公文書管理の課題」/パブコメ………3
サブノート・ILOアーカイブ沿革/常陸大宮市文書館………4
文献紹介………………………………………………………5
あしあと/活動/巻末随想……………………………………6/8

常陸大宮市文書館の建物や展示資料は、電子版ならではのカラー写真でご覧いただけます.
消息の訃報2件、どちらもbig nameの方です。
巻末随想は3本。(1)蚤の市で買い物、
        (2)ホンモノを見ることの意味、
       (3)アーカイブがやってきた

(小川)

2015.03.23

■第5回LRGフォーラム「これからのアーカイブを考える-アーカイブサミット2015を受けて」【4/5】

標記のフォーラムが開催されます。
詳しくは、主催者のFacebookをご参照ください。
https://www.facebook.com/events/1590622991193451/
----------
日時:2015年4月5日(日) 14:00-17:00(開場13:30)
場所:さくらWORKS<関内>(横浜市中区相生町3-61)
参加費:無料
主催:アカデミック・リソース・ガイド株式会社
参加申込:不要(ただし、人数把握のため、イベントページでの参加表明にご
協力いただけましたら幸いです)
講師:
・水島久光(東海大学)
・古賀崇(天理大学)
・平野泉(立教大学共生社会研究センター)
司会:
・仲俣暁生(マガジン航)
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2015.03.21

全史料協・電子版『公文書館機能ガイドブック

全史料協・電子版『公文書館機能ガイドブック』が
公開となりました。

http://www.jsai.jp/kanko/guidebook/index.html

(富田)

2015.03.16

■古文書整理ボランティア記念講演会【3/21】

新潟県十日町市が、標記の講演会を開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同市のサイトをご参照ください。
http://www.city.tokamachi.niigata.jp/page/63010100029.html
----------
期日 平成27年3月21日(土曜日・祝日) 午後1時30分~4時
会場 十日町情報館 視聴覚ホール
(〒948-0072 新潟県十日町市西本町2丁目1番地 電話:025-750-5100)
内容
・報告 「十日町市古文書整理ボランティア10年のあゆみ」と発刊報告(30分)
 高橋由美子(十日町市古文書整理ボランティア事務局)
・記念講演1  「災害と文化財レスキュー ~阪神淡路大震災から東日本大震災
まで」(60分)
 日高真吾(文化財保存修復学会理事・国立民族学博物館准教授)
・記念講演2  「十日町市古文書整理ボランティアとの資料整理作業」(30分)
  伊達仁美(京都造形芸術大学教授)
定員・参加費
・定員 先着90名
・参加費 無料
主催・主管
・主催 十日町市古文書整理ボランティア、文化財保存修復学会
・主管 十日町市教育委員会事務局文化財課
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■印旛郡市地域史料保存利用連絡協議会20周年記念事業【3/21】

標記の講演会が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、千葉歴史・自然資料救済ネットワークのブログをご参照ください。
http://chibasiryounet.blog.fc2.com/blog-entry-112.html
----------
期日 平成27年3月21日(土・祝)午後1時15分 開会
会場 成田市立図書館 視聴覚ホール 千葉県成田市赤坂1-1-3
tel0476-27-4646
内容
(1) 「印史協20年の歩みについて」
 印旛郡市地域史料保存利用連絡協議会事務局
(2) 「埴生郡域の小学校創設について」
 元成田市編さん委員 神尾 武則氏
(3) 記念講演「アーカイブズの編成と記述」
 東京大学文書館 准教授 森本 祥子氏
施設見学 成田市下総歴史民俗資料館
 成田市高岡1500 tel 0476-96-0080
 企画展「下総地区4小学校の歩み~滑川・小御門・名木・高岡小学校~」
 午前10時に現地集合願います。
 なお、視察につきましても、どなたでも参加できます。
対象 会員及び県内外の市町村職員並びに地域史料保存に携わる方
(地域史料保存に興味ある方ならどなたでも参加できます。)
参加費 無料
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■古文書整理ボランティア記念講演会【3/21】

新潟県十日町市が、標記の講演会を開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同市のサイトをご参照ください。
http://www.city.tokamachi.niigata.jp/page/63010100029.html
----------
期日 平成27年3月21日(土曜日・祝日) 午後1時30分~4時
会場 十日町情報館 視聴覚ホール
(〒948-0072 新潟県十日町市西本町2丁目1番地 電話:025-750-5100)
内容
・報告 「十日町市古文書整理ボランティア10年のあゆみ」と発刊報告(30分)
 高橋由美子(十日町市古文書整理ボランティア事務局)
・記念講演1  「災害と文化財レスキュー ~阪神淡路大震災から東日本大震災
まで」(60分)
 日高真吾(文化財保存修復学会理事・国立民族学博物館准教授)
・記念講演2  「十日町市古文書整理ボランティアとの資料整理作業」(30分)
  伊達仁美(京都造形芸術大学教授)
定員・参加費
・定員 先着90名
・参加費 無料
主催・主管
・主催 十日町市古文書整理ボランティア、文化財保存修復学会
・主管 十日町市教育委員会事務局文化財課
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2015.03.10

大学図書館問題研究会東京支部講演会「世界各国におけるデジタルアーカイブの現状と法的側面(関東五支部合同例会)

日時:2015年3月14日(土)15:00~17:00(予定)
*終了後,懇親会を予定しています。
場所: 筑波大学東京キャンパス文京校舎321号室(丸ノ内線茗荷谷駅下車「出口1」徒歩2分程度)
講師: 生貝直人先生(東京大学附属図書館新図書館計画推進室・大学院情報学環特任講師)
テーマ: 世界各国におけるデジタルアーカイブの現状と法的側面
講演概要: 現在各国においては、欧州ヨーロピアナや米国デジタル公共図書館をはじめとして,
図書館や美術館・博物館,文書館等が保有する文化資源を電子的に公開する,大規
模なデジタルアーカイブの構築が急速に進められている。本講演では,諸外国およ
び日本におけるデジタルアーカイブ構築の現状と,教育研究等における利活用の取
組を紹介すると共に,そこで生じている著作権等の法的課題と,今後の解決のあり
方について論じる。
参加方法: どなたでもご参加いただけます。ただし,大学図書館問題研究会非会員の方からは
資料印刷代(500円)を頂戴いたします。
※参加ご希望の方は,懇親会の参加可否も添えてお申し込み下さい。
申込先:tokyo(at)daitoken.com(大学図書館問題研究会東京支部)
(at)は@に置き換えてください。

※こちらでもご覧いただけます。http://www.daitoken.com/tokyo/event.html

2015.03.09

■JIIMAセミナー「文書管理:「電子文書の真正性・見読性確保に関する動向調査」報告会」【3/20】

日本文書情報マネジメント協会が、標記のセミナーを開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同会のサイトをご参照ください。
http://www.jiima.jp/contents/seminar/cat/jiima_seminar_20150320.html
----------
日 時: 3月20日(金) 10:00~11:30 受付開始 9:40
会 場: 公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA) /会議室
 東京都千代田区岩本町2-1-3、 和光ビル7階
講 師:
 木村 道弘 (JIIMA標準化委員会委員長/同調査SWGリーダ)
 アシコイ ヤン氏 (日本レコードマネジメント株式会社/コンサルタン
ト)
費 用:
 一 般 : 10,000円(税込)
 JIIMA正会員 : 8,000円(税込)
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2015.03.04

日本銀行金融研究所アーカイブ アーキビスト募集

日本銀行金融研究所アーカイブではアーキビストを募集
しています。

詳しいことは日本銀行のサイトをご覧下さい。

※提出書類の締切は、3月20日(金)必着となっております。

2015.03.03

日本アーカイブズ学会2015年度大会開催概要

【日時】2015年4月25日(土)・26日(日)
【会場】東京大学大学院経済学研究科学術交流棟(小島ホール)
(東京メトロ丸の内線・都営地下鉄本郷三丁目駅下車徒歩5分)
【後援】東京大学経済学図書館
【参加費】会員500円、非会員1,000円
【事前申込不要】

【プログラム】 ※タイトル、時間、会場等は変更となることがあります。
4月25日(土) 受付開始12:30 (会場:2階小島コンファレンスルーム)
○総会 13:00~15:00 *会員の方のみが参加できます
○講演会 15:30~16:30
加藤丈夫(国立公文書館長)
「時を貫く記録を守る-これからのアーカイブズの課題-」
○懇親会 17:00~19:00(会場:伊藤国際学術センター2階・ファカルティクラブ)
*また、10:30~11:30に、東京大学経済学部資料室の見学会を行います(定員20名)。
 参加を希望される方は、4月17日(金)までに、学会事務局に電子メール(office_at_jsas.info)でお申し込み下さい。

4月26日(日)受付開始9:00

○自由論題研究発表会 9:30~12:20
【会場1】(場所:1階第2セミナー室)
橋本陽、元ナミ
「オープンソースの利用と検討:AtoMとArchivematicaの仕組みと地方アーカイブズの実践例」

古賀崇
「「トータル・アーカイブズ」論再考:政府情報アクセスの意義を問い直すために」

蓮沼素子、大木悠佑、渡邊健
「自治体における公文書管理の現在-市民共有の知的資源としての公文書-」

平野泉
「アクセスの扉をこじあけて-伊方原発訴訟における文書提出命令申立の検討」

【会場2】(場所:1階第1セミナー室)
齋藤歩
「アーカイブズ学に基づく建築レコードの評価選別について――1980年代以降の北米の事例を比較する」

淺野真知
「日米公文書館と利用の促進-北米移民のルーツ調査の事例を中心に-」

坂口貴弘
「連合国軍総司令部による日本のアーカイブズ調査と米国国立公文書館」

平井孝典
「19世紀フィンランドのアーキビスト・グロンブロード及びボマンソンと公文書管理の実務」

【会場3】(場所:2階小島コンファレンスルーム)
中村江里
「軍事医学史とアーカイブズ・情報公開-旧日本陸軍病院病床日誌の事例から-」

前田克実、後藤基行、竹島正
「国立精神・神経医療研究センターにおけるアーカイブズ整備-傷痍軍人武蔵療養所の診療録の事例から-」

久保田明子、佐藤裕哉
「原爆関連資料のアーカイブズ化における諸問題-広島大学原爆放射線医科学研究所所蔵京都帝国大学原爆調査班資料について-」

青木祐一、名村優子
「ブラジル日本移民関係資料をめぐる現状と課題:「移民アーカイブズ」の構築に向けて」

春木良且
「民間にある資料のアーカイブス化に向けた試み-商店街ライフログを通して高度成長期を知る-」

○企画研究会 14:00~17:00(会場:2階小島コンファレンスルーム)

テーマ「アーカイブズを学びに活かす」
坂井久能(神奈川大学)
「高校教育における戦争資料の活用を考える」

林美帆(公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団))
「公害資料館の利用拡大のための試み-西淀川・公害と環境資料館と公害教育-」

倉方慶明(東京外国語大学文書館)
「大学アーカイブズと自校史教育-大学アーカイブズの普及活動と役割-」

【問い合わせ先】
日本アーカイブズ学会事務局
〒105-0004 東京都港区新橋1-5-5 国際善隣会館5階
電子メール:お問い合わせ

2015.03.02

■国文学研究資料館の准教授募集

国文学研究資料館が、研究教育職員(准教授)1名を募集しています。
研究・業務分野は以下の通りです。
----------
近世後期から近代にかけてのアーカイブズ資源研究を行うとともに、館蔵史料
の整理と目録編成、データベース等の事業を担当する。
----------
応募資格は以下の通りです。
----------
(1)博士の学位を取得している者、またはそれと同等の学力を有する者。
(2)日本近世及び近代史料の十分な読解力があり、アーカイブズ学研究に携
わる意欲と能力がある者。また、古典籍に関する共同研究等に従事する能力を
有する者。
(3)日本語を母国語としない場合、業務に支障がない日本語能力を有する者。
----------
応募締切は平成27年5月29日です。
詳しくは、同館のサイトをご参照ください。
http://www.nijl.ac.jp/pages/advertisement/index.html

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■新潟市歴史文化課歴史資料整備室の非常勤職員募集

新潟市が、歴史文化課歴史資料整備室で勤務する非常勤職員1名を募集していま
す。
主な業務内容は以下の通りです。
----------
市史等の執筆、歴史資料の調査、整理、保存、公文書の管理、その他事務
----------
受験資格は以下の通りです。
----------
次のすべての要件を満たす者
1.パソコンのワード・エクセル・パワーポイントの基本操作ができる者
2.大学又は大学院で日本史を専攻した人で、学士の学位を取得した者(平成27
年3月31日までに取得見込みの者を含む)
3.古文書解読能力を有する者
----------
応募締切は平成27年3月13日です。
詳しくは、同市のサイトをご参照ください。
http://www.city.niigata.lg.jp/kanko/rekishi/rekishi_bunka/h27_saiyo.html

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...