« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015.05.26

史料ネット News Letter 第78号 2015年4月30日(木)

編集・発行:歴史資料ネットワーク
〒657-8501 神戸市灘区六甲台町11 神戸大学文学部内 史料ネット
 FAX:078-803-5565(開室時間 平日の午後1時~5時)
URL http://siryo-net.jp
facebookページ https://www.facebook.com/siryo.net
twitter http://twitter.com/siryo_net
e-mail:s-net[at]lit.kobe-u.ac.jp

巻頭言
 歴史資料ネットワーク結成20周年にあたって…………………奥村弘… 2

[大阪市公文書館]
 秋の展示「大阪の災害~復興と防災のあゆみ~」
  を開催して…………………………………………………北嶋奈緒子… 4

[学生による震災パネル展]
 記憶から歴史へ~阪神・淡路大震災を知らない
  世代の取り組み~……………………………………………吉川圭太… 5
 ・震災展示を通して……………………………………………跡部史浩… 5
 ・震災展示を通して…………………………イモジェン・ジェローム… 6

ふくしま史料ネットの被災資料記録整理
 作業に参加して…………………………………………………藤田明良… 7
シンポジウム「災害史を研究し続けること、史料を
 保存し続けること-新潟地震50年・中越地震10年」
 に参加して………………………………………………………天野真志… 9
文化財防災ネットワーク推進事業について……………………吉原大志…10

[速報]
 全国史料ネット研究交流集会を開催しました………………吉原大志…11
 ・「地域歴史遺産」の保存・継承に向けての神戸宣言…………………12


史料ネット ニュースレター
発行:年4回 年間購読料:1000円

史料ネット郵便振替口座
名義:歴史資料ネットワーク
口座番号:00930-1-53945

歴史資料ネットワーク会費
個人会員 一般 5000円 学生・院生 2500円
サポーター 1口3000円以上
ニュースレターのみ購読 1000円

2015.05.25

■シンポジウム「アクセスの再定義 - 日本におけるアクセス、アーカイブ、著作権をめぐる諸問題 - 」【6/13】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、明治学院大学のサイトをご参照ください。
http://www.meijigakuin.ac.jp/event/archive/2015/2015-05-14-1.html
----------
開催日 2015年6月13日(土)
時間 10:00~17:10
会場 明治学院大学白金校舎2号館B1F 2102教室
入場無料、予約不要
主催 明治学院大学文学部芸術学科・ハーバード大学東アジア言語・文明学
部、人類学部、歴史学部 共同シンポジウム
スケジュール
10:00-10:30 挨拶 & イントロダクション
10:30-12:00 パネル1: アクセス否定? 日本におけるアーカイブ・アクセ
ス・著作権文化との経験・実践
 司会者:アンドルー・ゴードン(ハーバード大学歴史学部教授)
 パネリスト:森川嘉一郎 (明治大学)、柳与志夫 (東京文化資源会議事務局
長)、大場利康(国立国会図書館)、マクヴェイ山田久仁子 (ハーバード・イェ
ンチン図書館司書、NCC議長)
12:00-13:00 昼休憩
13:00-14:30 パネル2: アクセスの理論 - - 所有権の問題
 司会者:アレクサンダー・ザルテン (ハーバード大学)
 パネリスト:北野圭介(立命館大学映像学部)、上崎千(慶應義塾大学アート
・センター所員、アーカイヴ担当)、イアン・コンドリー(マサチューセッツ工
科大学・MIT)
14:45-16:15 パネル3: アクセスの未来における可能性
 司会者:テッド・ベスター(ハーバード大学・ライシャワー日本研究所所長,
社会人類学教授)
 パネリスト:福井健策(弁護士・日本大学芸術学部客員教授)、植野淳子(株
式会社 アーイメージ)、小塚荘一郎(学習院大学法学部)
16:30-17:10 ディスカション
 司会者:ローランド・ドメーニグ(明治学院大学)
協力 ハーバード大学ライシャワー日本研究所、北米日本研究図書館資料調整
協議会(NCC)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■東アジア近代史学会第20回研究大会 歴史資料セッション「第2回 大学の保有する歴史資料の現状と課題」【6/20】

東アジア近代史学会が、研究大会の中で歴史資料セッションを開催します。
詳しくは、同会のサイトをご参照ください。
http://www.jameah.gr.jp/annal_conference.html
----------
・日程:2015年6月20日(土)~21日(日)
・場所:東京女子大学(善福寺) 24号館(安井てつ記念ホール)
・参加費:会員1000円、非会員1500円
第1日目:6月20日(土)9時受付開始 9時30分開始
歴史資料セッション(13時00分~17時00分)
「第2回 大学の保有する歴史資料の現状と課題」
趣旨説明 13時00分~13時10分 岩壁義光氏(法政大学)
報告 13時10分~15時50分
・桜圃寺内文庫と寺内正毅関係資料 伊藤幸司氏(九州大学)
・歴史資料の保存とデジタルアーカイヴ ~古典籍総合データベースを例とし
て~ 藤原秀之氏(早稲田大学)
・板澤蘭学資料の公開について 原京子氏(法政大学大学院)
・伊藤博文文書『秘書類纂』の公開 岩壁義光氏(法政大学)
総合討論 16時00分~17時00分
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2015.05.20

全国歴史資料保存利用期間連絡協議会関東部会総会及び記念講演会(第280回定例研究会)開催

1.日時:2015年6月5日(金) 午後1時20分から午後5時まで
2.会場:神奈川県立公文書館 大会議室
   横浜市旭区中尾一丁目6番1号

3.次第
【総会】午後1時20分から2時30分まで
   (受付開始:午後1時から)
   1)平成26年度事業報告(案)について
   2)平成26年度決算報告(案)について
   3)平成27年度事業計画(案)について
   4)平成27年度予算(案)について
   5)その他
【講演会】午後3時から午後5時まで
    (受付開始:午後2時40分から)
   演題:「地方行政文書の文化材指定をめぐる成果と課題」
   講師:地主 智彦氏(文化庁文化材部美術学芸課 文化材調査官)
4.申し込み 別紙申込書に必要事項をご記入のうえ、5月26日(火)までに
       下記事務局へFAXによりお申し込みください。

5.その他:講演会終了後、情報交換会(懇親会)を予定しております。
      申込書の該当欄にてお申し込みください。

※神奈川県立公文書館案内
http://www.pref.kanagawa.jp/div/0219/

交通の案内
 相鉄線「二俣川駅」下車
 ・二俣川駅北口より徒歩17分
 ・二俣川駅北口より相鉄バス「旭23 運転試験場経由・二俣川駅北口」行きで
  「運転試験場」停留所下車、徒歩3分


【問い合わせ】
事務局(川崎市公文書館) 星野・田村・政木・菊地
〒211-0051 川崎市中原区宮内4-1-1
TEL:044-733-3933 FAX:044-733-2400
※月曜日休館です。

2015.05.17

■JIIMAセミナー2015「クラウド・ビッグデータ時代の文書情報マネジメント~加速する紙から電子の社会~」【5/28, 6/5】

日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が、標記のセミナーを東京と大阪で
開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同会のサイトをご参照ください。
http://www.jiima.or.jp/seminar/jiimaseminar2015.html
http://www.jiima.or.jp/seminar/jiimaseminar2015osaka.html
----------
東京
2015年5月28日(木)
大手町ファーストスクエアカンファレンス2階 Room B+C、RoomA、RoomD
 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1 ファーストスクエア イースト
タワー2F
 地下鉄 大手町駅 直結 C8,C11,C12出口
 JR東京駅徒歩4分
受講料:無料
プログラム
トラックA(2階 Room B+C) 定員200名
-特別講演 改正電子帳簿保存法概要
-基調講演 大きく動く文書情報マネジメントの世界
-新しい法制度や環境変化に対する帳票電子活用 ~現場が喜ぶ帳票の電子化と
は~
-税務関係書類の電子化保存 ~過去事例から、要件緩和後の進め方について~
-経理マンが実践した「e-文書法」国税関係書類のスキャナ保存
-特別講演 電子化本番へ 大きなうねり  企業に求められる電子化への対応
トラックB(2階 Room A ) 定員132名
-特別講演 電子契約の普及がもたらす日本経済へのインパクト
-e-文書法(税務書類のスキャナ保存)大幅な規制緩和!そのガイドラインと
は!
-スキャン書類と帳簿データを一元管理! 「e-文書保存ソリューション」
のご紹介
-内部統制に基づく業務フローを電子化しQR印で証拠化し記録管理する台帳ツ
ールのご紹介
-領収書電子化の対応にはこれ!経費精算市場トップシェア「Concur Expense」
のご紹介
トラックC(2階 Room D ) 定員72名
-欧州企業における電子文書管理の実情 ~欧州企業訪問調査レポート~
-AIIMカンファレンス視察で捉えた米国ECM業界の最新動向と方向性
-50人規模の中小企業が"e-文書法"導入検討! 紙書類の保管状況調査から何
が見えるか!
-規制緩和によるIT化推進と法人版マイナンバー施行により加速する電子契
約の波
-「会計システムにおける証憑管理の未来」~2020年には領収書の原本廃棄が
可能に!?~
-アーカイブ委員会及び下部組織のマイクロメディアワーキンググループWG、
光ディスクWG、磁気テープWGのご紹介
大阪
2015年6月5日(金)
大阪産業創造館 6階 会議室E
 〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
 地下鉄堺筋本町駅徒歩5分
受講料:無料
主催:公益社団法人日本文書情報マネジメント協会
共催:関西イメージ情報業連合会
プログラム
トラックD(6階 会議室E 定員100名)
-基調講演 大きく動く文書情報マネジメントの世界
-新しい法制度や環境変化に対する帳票電子活用 ~現場が喜ぶ帳票の電子化と
は~
-今まさにターニング・ポイント! 電子化推進に取り組む製薬業界の文書/デ
ータ管理
-特別講演 スキャナ保存が一挙に拡大するチャンス到来 ──税務関係書類の
大幅規制緩和とその効果、残る課題
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2015.05.13

「国際アーカイブズの日」記念講演会のご案内

平成27年6月8日(月)に「国際アーカイブズの日」記念講演会を開催いたします。
ご関心のある方のご参加をお待ちしております(一般参加可、入場無料)。

・日   時:平成27年6月8日(月)14時30分~15時50分
・演   題:現代日本の公文書管理-歴史家の視点から
・講   師:加藤 陽子氏(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
・会   場:ベルサール飯田橋駅前
         〒102-0072
         東京都千代田区飯田橋3-8-5 住友不動産飯田橋前ビル1階
         http://www.bellesalle.co.jp/room/bs_iidabashi/access.html
・お申込方法:電子メールで事前にお申し込みください。(50名まで。先着順)
 メールタイトルを、「記念講演会参加希望」としてください。
 メール本文に、参加希望者に関する以下の情報をご記入ください。
 (1) 氏名(ふりがな)(1通で1名のみ、お申し込みいただけます)
 (2) 住所
 (3) 電話番号
  ・お申込受付確認をメールで返信いたしますので、パソコンからのメールを受信できるメールアドレスからお申し込みください。
  ・「kenshuu@archives.go.jp」からのメールを受信できる設定にしてください(@は半角)。
  ・当館からの返信が届かない場合は、お手数ですが、03-3214-0621(国立公文書館代表電話)にお電話ください。
  ・講演会当日は、当館からの確認メールが表示された画面を係員にご提示いただくか、画面をプリントアウトしたものをお持ちください。
  ※ お申し込みの際にご提供いただいた情報は、本講演会の開催に係るメール返信のみに使用いたします。

・お申込期限:平成27年5月22日(金)
 定員に達した場合は、お申込み受付を終了させていただきます。

【お申込み先】
  国立公文書館統括公文書専門官室「国際アーカイブズの日」記念講演会担当
  E-mail: kenshuu◆archives.go.jp (※「◆」記号を「@」に置き換えて下さい)

この情報は国立公文書館のサイトから転載しました。

2015.05.04

■記録管理学会2015年研究大会【5/22-23】

記録管理学会が、今年の研究大会を開催します。
詳しくは、同会のサイトをご参照下さい。
http://www.rmsj.jp/2015年総会-研究大会/
----------
期日:2015年 5月22日(金)、23日(土)
会場:香川県 丸亀市民会館 2階 第2・3会議室
 JR丸亀駅南口から徒歩10分
参加費(含資料代):
 会員 1,000円(事前振込)/ 1,500円(当日払)
 学生会員 1,000円(事前振込)/ 1,500円(当日払)
 非会員  2,000円(事前振込)/ 2,500円(当日払)
懇親会費:5,000円(事前振込)/ 6,000円(当日払)
大会プログラム
5月21日(木)  見学
16:00 見学会1 「香川県立文書館」(~17:00 予定)
  同館1階受付にて、現地集合。
(JR 高松駅又はことでん太田駅からバス)
http://www.pref.kagawa.jp/bunshokan/use/index.html
5月22日(金)  見学・総会・講演
10:45 見学会2 「高松市公文書館」(~11:45 予定)
  10:00 JR 高松駅改札口集合、現地直行可。 見学後は丸亀市内に移動。
(JR 四国 端岡駅 から徒歩20 分)
http://www.mapion.co.jp/m2/34.29717886172457,133.960165,16/v=m6:
13:20 受付開始 大会会場「丸亀市民会館」  2 階へお越しください。
(JR 四国 丸亀駅南口 から徒歩10 分)
http://www.marugame-hall.org/access/car/map.html
13:30 通常総会及び表彰式(記録管理業務表彰)
(休憩)
14:50 研究大会開会
  講演からの参加者は14:40 迄に受付をお願いします。
15:00 特別講演1
「 なぜ日本では記録管理・アーカイブズが根付かないのか ~その要因と処方
箋を考える~ 」
 講 師: 小谷允志 氏 ((株)出版文化社アーカイブ研究所長)
16:10 特別講演2
「 地域情報資源の利活用における地方議会・議員の役割 ~議会活動における
事例報告~ 」
 講 師: 福部正人 氏 (丸亀市議会議員)
16:50 協賛法人企業等ご紹介
17:00 終了
17:40 懇親会 (会場:オークラホテル丸亀)
 丸亀市民会館から送迎車等で移動。現地集合可。
http://www.okurahotel.co.jp/
5月23日(土)  研究発表
8:40 受付開始
8:50 開会
9:00 プロジェクト報告
9:00~ 9:35 「公文書管理法研究プロジェクト」
 石井幸雄(代表者)、菅真城、嶋田典人、上田雄太
9:35~10:10 「研究開発における文書・記録の管理にかかわる調査と提言
プロジェクト」
 山崎久道(代表者)、小川千代子、飯尾淳、関本美知子、李東真
休憩
10:20 研究発表
10:20~10:50 古賀 崇 (天理大学人間学部総合教育研究センター)
 米国連邦政府におけるウェブ上の情報の多様化とその管理・保存をめぐる
現状と課題:オープンデータの扱いを中心に
10:50~11:20 坂口貴弘 (京都大学大学文書館)
 米国における文書整理法改革とその影響:シカゴ万博から第二次大戦期まで
11:20~11:50 平井孝典 (藤女子大学非常勤講師)
 ボマンソンによるアーカイブズ実務と 19 世紀後半フィンランドの国家公
文書館──組織としてのアーカイブズ業務の確立
11:50 (昼休み) [協賛展示(協賛団体等の展示を予定)]
13:00 研究発表
13:00~13:30 永村美奈 (九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイ
エンス専攻博士後期課程)
 熊本県における特定歴史公文書の評価・選別の分析
13:30~14:00 嶋田典人 (香川県立文書館)
 地域記録の作成・保存・利活用~法整備と組織運営
14:00 総評・挨拶
14:30 閉会
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■市民アーカイブ多摩開館1周年集会「市民アーカイブを活用する!─立教大学共生社会研究センターの歩みから─」【5/24】

市民アーカイブ多摩が、標記の集会を開催します。
詳しくは、市民アーカイブ多摩のサイトをご参照ください。
http://homepage3.nifty.com/simin-siryo/
----------
講師:高木恒一さん(立教大学共生社会研究センター長)
日時:2015年5月24日(日) 14時30分~
会場:たましんリスルホール  5階 第6・7会議室
(旧立川市民会館・立川駅歩12分・西国立駅歩8分)
参加費:資料代300円
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...