« ■中京大学社会科学研究所学術講演会「イタリアのアーカイブズと文書保護局」【12/11】 | トップページ | ■南山アーカイブズ常設展示室オープン記念シンポジウム「展示を利用した自校史教育の可能性」【12/19】 »

2015.11.30

■シンポジウム「震災資料・史料保存・災害史研究の融合をめざして」【12/13】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、新潟大学災害・復興科学研究所のサイトをご参照ください。
http://www.nhdr.niigata-u.ac.jp/news/2015_news/20151023.html
----------
主 催 新潟大学災害・復興科学研究所 被災者支援研究グループ
共 催 科学研究費基盤研究(S)「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立─
東日本大震災を踏まえて」研究グループ、新潟大学人文学部地域文化連携センター、
新潟歴史資料救済ネットワーク、新潟史学会
日 時 2015年12月13日(日)13:00~17:50
会 場 新潟大学総合教育研究棟1F 大会議室
報告者
高橋 満(福島県立博物館)
 瓦礫を資料に変換する-ふくしま震災遺産保全プロジェクトの活動-
日下和寿(白石市教育委員会生涯学習課)
 白石市における文化財レスキューとその後
福嶋紀子(長野被災建物・史料救援ネットワーク)
 長野県北部地震後の文化財レスキュー-拡大する被災地-
川副早央里(いわき明星大学震災アーカイブ室)
 福島県浜通りにおける東日本大震災の記録と記憶-いわき明星大学震災アー
カイブ室の取り組みから考える-
水本有香(神戸大学大学院人文学研究科)
 阪神・淡路大震災の資料の現状-20年を越えて-
筑波匡介(中越防災安全推進機構 震災アーカイブス・メモリアルセンター)
 震災遺構と地域の復興~中越メモリアル回廊の事例から~
田中洋史(長岡市立中央図書館文書資料室)
 長岡市災害復興文庫の構築と発信-新潟県中越地震・東日本大震災の経験を
越えて-
中村 元(新潟大学災害・復興科学研究所)
 日本現代史の中の災害と史料保存-戦後70年の地点から考える
パネル・ディスカッション
 司会 矢田俊文(新潟大学災害・復興科学研究所)、報告者
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■中京大学社会科学研究所学術講演会「イタリアのアーカイブズと文書保護局」【12/11】 | トップページ | ■南山アーカイブズ常設展示室オープン記念シンポジウム「展示を利用した自校史教育の可能性」【12/19】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/62777628

この記事へのトラックバック一覧です: ■シンポジウム「震災資料・史料保存・災害史研究の融合をめざして」【12/13】:

« ■中京大学社会科学研究所学術講演会「イタリアのアーカイブズと文書保護局」【12/11】 | トップページ | ■南山アーカイブズ常設展示室オープン記念シンポジウム「展示を利用した自校史教育の可能性」【12/19】 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...