« ■緊急支援報告会!常総市水損行政文書の救助と復旧【12/14】 | トップページ | 被災アーカイブズの日伊比較 »

2015.12.06

■東日本大震災アーカイアーカイブシンポジウム 地域の記録としての震災アーカイブ~未来へ伝えるために~【1/11】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、東北大学災害科学国際研究所のサイトをご参照ください。
http://shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/symposium/sympo20160111
----------
日時:平成28年1月11日(月・祝) 13時00分から16時30分まで
会場:東北大学災害科学国際研究所棟 1階多目的ホール
(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
共催:東北大学災害科学国際研究所・国立国会図書館
参加及び参加申込み
(1)定員:200名 受付は先着順とし、定員に達した時点で終了します。
(2)参加費:無料
申込み期限:平成28年1月8日(金)17時まで
プログラム
1)開会の挨拶 13:00-13:10
 今村 文彦(東北大学災害科学国際研究所所長)
2)特別講演 13:10-14:10
「博物館における教育・研究活動と災害アーカイブの統合-アチェ津波博物
館におけるアチェ津波デジタルアーカイブ(DATA)-」
 トミー・ムリア・ハサン (アチェ津波博物館館長)
休憩 14:10-14:20
3)事例報告 14:20-15:05
・「青森震災アーカイブについて」
 漆戸 啓二 (八戸市防災危機管理課主事)
・「東日本大震災アーカイブ宮城について」
 菊地 正 (宮城県図書館副館長)
・「浦安震災アーカイブについて」
 白沢 靖知(浦安市立中央図書館奉仕第2係係長 )
4)進捗報告 15:05-15:35
・「岩手県における震災アーカイブの現状」
 柴山 明寛 (東北大学災害科学国際研究所准教授 )
・「ポータル(入口)としての国立国会図書館東日本大震災アーカイブ「ひな
ぎく」」
 諏訪 康子 (国立国会図書館電子情報部主任司書)
・「社会の減災を指向する災害アーカイブと災害伝承 『みちのく震録伝』と
震災発生から5年目の災害科学的アプローチ-」
 佐藤 翔輔 (東北大学災害科学国際研究所助教)
休憩 15:35-15:45
5)パネルディスカッション 15:45-16:25
「地域の記録としての震災アーカイブ~未来へ伝えるために~」
 進行 柴山 明寛(東北大学災害科学国際研究所准教授 )
 漆戸 啓二(八戸市防災危機管理課主事)
 菊地 正 (宮城県図書館副館長)
 白沢 靖知(浦安市立中央図書館奉仕第2係係長 )
 佐藤 翔輔 (東北大学災害科学国際研究所助教)
 諏訪 康子 (国立国会図書館電子情報部主任司書)
6)閉会の挨拶 16:25-16:30
 諏訪 康子(国立国会図書館電子情報部主任司書)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■緊急支援報告会!常総市水損行政文書の救助と復旧【12/14】 | トップページ | 被災アーカイブズの日伊比較 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/62818954

この記事へのトラックバック一覧です: ■東日本大震災アーカイアーカイブシンポジウム 地域の記録としての震災アーカイブ~未来へ伝えるために~【1/11】:

« ■緊急支援報告会!常総市水損行政文書の救助と復旧【12/14】 | トップページ | 被災アーカイブズの日伊比較 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...