« アーカイブズ学研究 第22号 2015年6月 | トップページ | 尼崎市立地域研究史料館嘱託員募集(採用試験) »

2015.12.24

アーカイブズ学研究 第23号 2015年12月

編集・発行 日本アーカイブズ学会

論文
 段階的整理と欧米型整理論の比較:
  方法論の違いと出所及び原秩序尊重原則の解釈       橋本陽 p.4

特集:2015年度大会
講演
 時を貫く記憶を守る-これからのアーカイブズの課題    加藤丈夫 p.24
 企画研究会「アーカイブズを学びに活かす」
 趣旨説明                        研究担当 p.40
 高校教育における戦争資料の活用を考える         坂井久能 p.41
 公害資料館利用拡大の試み
  -西淀川・公害と環境資料館と校外教育-         林美帆 p.58
 大学アーカイブズと「自校史教育」
  -大学文書館における普及活動とその役割-       倉方慶明 p.79
参加記
 坂口報告と平井報告を聞いて               安藤福平 p.94
 日本アーカイブズ学会2015年度大会参加記         高科真紀 p.96
 「日本アーカイブズ学会2015年度大会」に参加して     宮川大介 p.98

小特集:2014年度第2回研究集会「わが国における
 アーカイブズの現状と課題 各国比較を踏まえて」
 報告:2014年度第2回研究集会「わが国における
 アーカイブズの現状と課題 各国比較を踏まえて」     藤吉圭二 p.102
 研究集会参加記                     淺野真知 p.109

リレー企画「帝国の拡大とアーカイブズ」(3・完)
 帝国の植民地支配と「戦後補償」記録の再認識
  -植民地朝鮮支配・戦後処理の決済構造と原本
  出所を中心に-                     金慶南 p.114

書評
奥村弘編『歴史文化を大災害から守る 
 地域歴史資料学の構築』                  林貴史 p.134
渡辺浩一『日本近世都市の文書と記憶』           青木祐一 p.141
安藤正人・久保亨・吉田裕編『歴史学が問う
 公文書の整理と情報公開
 -特定秘密保護法下の課題』               熊本史雄 p.147

会告
日本アーカイブズ学会・2016年度大会のお知らせ            p.154
投稿規程/執筆要領                         p.155
編集後記                              p.157

« アーカイブズ学研究 第22号 2015年6月 | トップページ | 尼崎市立地域研究史料館嘱託員募集(採用試験) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/62929785

この記事へのトラックバック一覧です: アーカイブズ学研究 第23号 2015年12月:

« アーカイブズ学研究 第22号 2015年6月 | トップページ | 尼崎市立地域研究史料館嘱託員募集(採用試験) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...