« ■国立公文書館の公文書専門員募集 | トップページ | ■国立公文書館職員の選考採用 »

2016.01.04

■シンポジウム「地域と共に考える文化財の防災減災II」【1/24】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、九州国立博物館のサイトをご参照ください。
http://www.kyuhaku.jp/event/event-151215.html
----------
開催日時:平成28年1月24日(日)13時00分~17時00分(受付12時30分開始)
会場:九州国立博物館1階ミュージアムホール
主催:九州国立博物館
後援:福岡県・福岡県教育委員会・太宰府市・筑紫野市・大野城市・春日市・
那珂川町・ 一般社団法人 文化財保存修復学会・一般社団法人 ミュージアム
支援者協会・ NPO法人 文化財保存支援機構
参加費:無料(事前申し込み不要)
定員:280名
プログラム:
 総合司会 小泉惠英(九州国立博物館)
開会挨拶[13時00分~13時05分]
 島谷弘幸(九州国立博物館長)
第1部 基調講演[13時05分~13時45分]
あらためて考える文化財の悉皆(しっかい)調査と市民
 - 阪神・淡路大震災とボランティア元年 -
 三輪嘉六(NPO法人文化財保存支援機構・前九州国立博物館長)
第2部 事例報告
1・地域と共に [13時45分~14時10分]
防災的観点から見た「大分県記録史料調査事業」
 村上博秋(大分県立歴史博物館)
[14時10分~14時35分]
「島原大変肥後迷惑」 - 熊本県内に残る津波碑の悉皆調査からみえてきたこと -
 坂口圭太郎(熊本県立装飾古墳館) 美濃口雅朗(熊本城調査研究センター)
松本博幸(天草市文化課)
2・市民と共に
[14時45分~15時10分]
阪神・淡路大震災以降の文化財保全活動 - 人、まち、時代をつなぐ旧玉置家住
宅 -
 辻田政顕(三木市豊かなくらし部商工観光課)
[15時10分~15時35分]
新潟県中越大震災と市民参加による資料整理 - 十日町市古文書整理ボランティ
ア10年のあゆみ -
 高橋由美子(十日町市教育委員会)
 村山歩(十日町市博物館・十日町市教育委員会)
 山内景行(十日町市古文書整理ボランティア写真整理チーム)
[15時35分~16時00分]
「ボランティア」から学ぶ歴史資料保全 - 東日本大震災の取り組みから -
 天野真志(東北大学災害科学国際研究所・NPO法人宮城歴史資料保全ネットワ
ーク)
 柴田かよ子(NPO法人宮城歴史資料保全ネットワークボランティア)
 鳥山美智子(NPO法人宮城歴史資料保全ネットワークボランティア)
第3部 パネルディスカッション[16時10分~16時55分]
地域と共に、市民と共に考える文化財の防災減災
司会 本田光子(九州国立博物館)
パネリスト
 川内淳史(神戸大学大学院)・伊達仁美(京都造形芸術大学)・村田眞宏(豊
田市美術館)・山口俊浩(文化庁)
閉会挨拶[16時55分~17時00分]
 栗原祐司(国立文化財機構文化財防災ネットワーク推進室長)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■国立公文書館の公文書専門員募集 | トップページ | ■国立公文書館職員の選考採用 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/63002630

この記事へのトラックバック一覧です: ■シンポジウム「地域と共に考える文化財の防災減災II」【1/24】:

« ■国立公文書館の公文書専門員募集 | トップページ | ■国立公文書館職員の選考採用 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...