« ■宮内庁三の丸尚蔵館の学芸室研究職職員(写真史料)公募 | トップページ | 鳥取県立公文書館非常勤職員(専門員)採用試験 »

2016.01.21

鳥取県立公文書館非常勤職員(古文書解読員)採用試験

 下記のとおり、平成28年度鳥取県非常勤職員を募集します。

受付期間・試験日時・試験会場・合格者発表日
受付期間
平成28年1月14日(木)から平成28年1月28日(木) 《必着》
・持参、郵送どちらでも申し込みができます。
・郵送の場合も、平成28年1月28日(木)必着とします。
・持参による場合の受付時間は、9時00分から17時00分まで。

試験日時
平成28年2月5日(金)
・開場時刻 午前9時00分
・試験開始時刻 午前9時30分

試験会場
鳥取県立公文書館会議室(鳥取市尚徳町101番地)

合格者発表日
平成28年2月12日(金)正午 《予定》
※合格者の受験番号をこのホームページに掲出します。併せて、合格者に試験結果を文書で通知します。

募集の職種・採用予定者数・職務内容・配属先
募集する職
非常勤職員(古文書解読員)

採用予定者数
1名

職務内容
新鳥取県史資料編に収録する重要な古文書(近世文書を中心とし、一部中世文書を含む)の解読とパソコ
ン入力作業

採用等
予算編成その他の状況により、採用候補者に決定されても採用にならない場合があります。 

配属先
鳥取県立公文書館(鳥取市尚徳町101)

受験資格
・年齢、性別を問いません。
・日本歴史(中・近世)に関する知識を有し、江戸時代以前の古文書(くずし字)を解読できる技能及び
  パソコンによりデータを整理できる技能を有する者
・地方公務員法第16条に該当する人(次のいずれかに該当する人)は受験できません。
1.成年被後見人、被保佐人(準禁治産者を含む。)
2.禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることが無くなるまでの者
3.鳥取県職員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
4.日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する  政党その他の団体を
    結成し、又はこれに加入した者
・日本国籍を有しない人については、活動に制限のない在留資格を取得している人又は平成28年3月31日
  までに資格を取得する見込みの人に限り受験できます。

試験種目
・専門試験 100点(60分)江戸時代の古文書(くずし字)の翻刻試験
・面接試験  50点 個別面接による人物試験

任用期間
平成28年4月1日から平成29年3月31日まで
・従来業務が翌年度も継続された場合に限り、勤務成績その他の事情を踏まえ、翌年度も引き続き任用を
  更新されることがあります(最長5年まで)。

※詳しいことはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/225320.htmでご覧ください。

(西村)

« ■宮内庁三の丸尚蔵館の学芸室研究職職員(写真史料)公募 | トップページ | 鳥取県立公文書館非常勤職員(専門員)採用試験 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/63097494

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取県立公文書館非常勤職員(古文書解読員)採用試験:

« ■宮内庁三の丸尚蔵館の学芸室研究職職員(写真史料)公募 | トップページ | 鳥取県立公文書館非常勤職員(専門員)採用試験 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...