« ■ARMA東京支部第112回定例会「レコード・アーカイブズ一貫システム構築の視点」【7/15】 | トップページ | 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構でアーキビストスキルを有する人文・社会科学コーティネータを募集 »

2016.06.15

全史料協関東部会第286回定例研究会 (2016/7/22-23)災害とアーカイブズ ―被災資料の保存と活用を考える―

1.趣旨
 近年、震災や豪雨等の自然災害が続発するなか、公文書館の職員にも〈災害とアーカ
イブズ〉への意識が強く求められています。その際、レスキュー体制の構築や具体的な
作業方法のみならず、レスキューされた資料のその後の保存・活用の在り方について知
ることは、〈資料を通して災害の記憶を伝える取り組み〉として重要です。
 そこで、本定例研究会では、新潟県中越地震および長野県北部地震を取り上げ、震災
アーカイブズの構築と活用、被災資料のレスキューと地域再生などの観点から、それぞ
れの取り組みの中心で活躍された方にご報告いただきます。また、旧山古志村域の巡見
では、中越地震の発災とその後の復興の様子を、やまこし復興交流館の見学等を通して
学びます。
 本定例研究会を通して、〈災害とアーカイブズ〉の関係に在り方について、参加者の
皆様が学び、考える機会となれば幸いです。

2.日時
 平成28(2016)年7月22日(金)11:30~17:00(11:00受付開始)
 同7月23日(土)8:3~15:00(8:20集合)

3. 場所
(1)7月22日 
  主会場 長岡震災アーカイブセンターきおくみらい(長岡市大手通2-6 フェニ
      ックス大手イースト2階)
       →http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisetsu/east-square.html
  見学  長岡市立中央図書館文書資料室 (長岡市坂之上町3-1-20
      (互尊文庫2階) )
      →http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisetsu/tosyokan/siryou.html
2)7月23日 巡見先 旧山古志村域の各施設

4. 内容
 ◎報告(7月22日)
 (1)「中越大震災・東日本大震災と地域史研究・史料保存 ~長岡市災害復興文庫
    を中心に~」
    長岡市立中央図書館文書資料室長・田中洋史氏
 (2)「文化財救出の、その先へ―長野県栄村での取り組みから―」
    中央学院大学教授・白水智氏
 (3)「中越メモリアル回廊の取り組み ~復興ビジョンから災害遺構の保存について~」
    中越防災安全推進機構マネージャー・筑波匡介氏

 ◎見学(7月22日)
 長岡市立中央図書館文書資料室、長岡震災アーカイブセンターきおくみらい

 ◎巡見(7月23日)
 榎峠朝日山古戦場パーク、妙見メモリアルパーク、やまこし復興交流館(おらたる)、
 山古志闘牛場(国無形民俗文化財)、旧山古志小学校(被災した地域資料・古文書
 等の見学)、木篭メモリアルパーク(水没保存家屋)、中山隧道(手掘りトンネル)等

5.申込方法
  申込先は下記の通り。

6.締切
  平成年(2016)7月8日(金)

7.ご注意
 (1)2日目は、バスでの移動のため先着15名のみの参加となります。
 (2)今回の定例研究会は、1日目のみ、2日目のみの参加も可能ですが、2日目に
    ついては、両日参加の方を優先させていただきます。
    そのため、2日目のみの参加の場合は、参加人数の調整を行いますので、申込
    を保留 とさせていただき、事務局から参加の可否をお知らせします。
 (3)2日目は関東部会で用意したバスでの移動になりますが、ご自分の自家用車で
    参加することも可能です。その場合は、申込書の該当欄にその旨を御記入くだ
    さい。(自家用車での参加は、先着15名に含まれません。)
    また、自家用車で参加の場合、長岡市提携駐車場利用により、駐車料金減免制
    度があります。詳しくは、長岡市役所ホームページをご確認ください。
 (4)宿泊場所のご案内、あっせんは行いませんので、各自で御手配ください。
    長岡観光コンベンション協会ホームページ等を参考にしてください。
 (5)両日とも昼食は関東部会事務局で用意します。料金は受付時にいただきます。
    22日:洋風カツ丼弁当(600円)
    23日:山古志弁当(1,000円)
   ※なお、22日の昼食は、会場近くの飲食店で食事していただくことも可能です。
    その場合は、申込書「22日定例研究会」の欄に、「弁当不要」とご記入くだ
    さい(23日は、弁当発注のみとなります)。

定例研究会への参加申込方法
「参加申込書」(こちらからダウンロードしてください WordPDF)に 氏名、所属、連絡先(住所・電話番号)、会員・非会員の別、参加日、情報交換会への参加・不参加 を記入し、事務局へFAXまたは電子メールで送信してください。
 FAX番号 044-733-2400
 メール 17koubun_at_city.kawasaki.jp

◎不明な点などございましたら事務局にお尋ねください。
事務局:川崎市公文書館(担当 星野・田村・政木・菊地)
〒211-0051 神奈川県川崎市中原区宮内 4-1-1
電話 044-733-3933 FAX 044-733-2400
メール 17koubun_at_city.kawasaki.jp

« ■ARMA東京支部第112回定例会「レコード・アーカイブズ一貫システム構築の視点」【7/15】 | トップページ | 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構でアーキビストスキルを有する人文・社会科学コーティネータを募集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/63783393

この記事へのトラックバック一覧です: 全史料協関東部会第286回定例研究会 (2016/7/22-23)災害とアーカイブズ ―被災資料の保存と活用を考える―:

« ■ARMA東京支部第112回定例会「レコード・アーカイブズ一貫システム構築の視点」【7/15】 | トップページ | 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構でアーキビストスキルを有する人文・社会科学コーティネータを募集 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...