« 全史料協関東部会第286回定例研究会 (2016/7/22-23)災害とアーカイブズ ―被災資料の保存と活用を考える― | トップページ | ■公開研究会「東京大学史料編纂所のデジタル画像検索閲覧システムの現状と課題」【6/23】 »

2016.06.18

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構でアーキビストスキルを有する人文・社会科学コーティネータを募集

[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
(1)JAXAにおける人文・社会科学分野協力の社内外をつなぐ窓口としての役割。
(2)オーラル・ヒストリー研究、歴史的資料のアーカイブ作業の実行、取りまとめ、資料の活
   用方法の検討。特に、「宇宙科学研究所(ISAS)史」の取りまとめの元となるFactや基礎
   資料の整理。
(3)人文・社会科学分野協力の拠点化の検討、候補となりうる大学とのコミュニケーション。
(4)連携大学との連携講座やその他シンポジウム等のファシリテーション。

[勤務地住所等]
宇宙航空研究開発機構 相模原キャンパス(神奈川県相模原市)

[募集人員]
1名

[着任時期]
平成28年10月 1日を予定(個別に相談の上、決定します)

応募資格
(1)人文・社会科学系の分野における修士以上の学歴を有すること
  (博士課程の学位は必須としない)。
(2)上記仕事内容(2)に対応するための歴史学・科学技術史に関する知識、
   文献整理のスキルを有すること。
(様式2)
(3)大学・研究機関等でのアシスタント経験のほか、一般的なコミュニケー
   ション能力、パソコン使用による文書作成等日常業務の経験、事務処理
   能力、ファシリテーション能力を有すること。企業での勤務経験でも可。
   英語力もあることが望ましい。また、上記2(4)への対応でTA
   (Teaching Assistant)経験歓迎。
(4)自分の専門領域にとらわれない広い興味・関心、探究心を有すること。
(5)様々な職種の人と円滑に仕事を遂行する能力があること。

募集期間
2016年07月11日 必着

詳しいことはhttp://www.jaxa.jp/about/employ/invitation_j.html
又はhttps://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D116060723&ln_jor=0でご覧下さい。

(毛塚)

« 全史料協関東部会第286回定例研究会 (2016/7/22-23)災害とアーカイブズ ―被災資料の保存と活用を考える― | トップページ | ■公開研究会「東京大学史料編纂所のデジタル画像検索閲覧システムの現状と課題」【6/23】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/63795906

この記事へのトラックバック一覧です: 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構でアーキビストスキルを有する人文・社会科学コーティネータを募集:

« 全史料協関東部会第286回定例研究会 (2016/7/22-23)災害とアーカイブズ ―被災資料の保存と活用を考える― | トップページ | ■公開研究会「東京大学史料編纂所のデジタル画像検索閲覧システムの現状と課題」【6/23】 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...