« ■地域と人びとをささえる資料: 古文書からプランクトンまで | トップページ | ■シンポジウム「学芸員養成と情報技術教育を考える」【7/30】 »

2016.07.19

■災害に学ぶ: 文化資源の保全と再生

-木部暢子編. 災害に学ぶ: 文化資源の保全と再生. 勉誠出版, 2015, 256p.
主な内容は以下の通りです。
----------
はじめに 木部暢子
津波を超えて闇から光へ 山浦玄嗣
昭和三陸津波後の集落にみるコンパクトな復興 岡村健太郎
ミュージアム展示における<被災者>像,<復興>像の検討 寺田匡宏
多言語社会における災害時緊急マニュアル 金愛蘭
生活文化の記憶を取り戻す─文化財レスキューの現場から 日高真吾
生を目指す復興─被災地の信仰と芸能を通して 林勲男
文化財レスキューを展示する─文化財レスキュー活動を通した地域の多元的ネ
ットワークと博物館 葉山茂
被災した場とモノから考える─気仙沼市・三浦家の事例から 川村清志・小池
淳一
救出した歴史資料から見る歴史の再発見─茨城を事例に 西村慎太郎
被災アーカイブズの救助・復旧─東日本大震災“前”“後”これから 青木睦
東日本大震災における被災行政文書のレスキュー記録化活動 林貴史
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100450

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■地域と人びとをささえる資料: 古文書からプランクトンまで | トップページ | ■シンポジウム「学芸員養成と情報技術教育を考える」【7/30】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/63936719

この記事へのトラックバック一覧です: ■災害に学ぶ: 文化資源の保全と再生:

« ■地域と人びとをささえる資料: 古文書からプランクトンまで | トップページ | ■シンポジウム「学芸員養成と情報技術教育を考える」【7/30】 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...