« ■過去を伝える、今を遺す: 歴史資料、文化遺産、情報資源は誰のものか | トップページ | ■アーカイブズと文書管理: 米国型記録管理システムの形成と日本 »

2016.07.25

■記憶が歴史資料になるとき: 遠藤家文書と歴史資料保全

-天野真志. 記憶が歴史資料になるとき: 遠藤家文書と歴史資料保全. 蕃山房,
2016, 78p, (よみがえるふるさとの歴史, 11).
出版者による紹介が以下のページにあります。
http://banzanbou.com/annai/#book013

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■過去を伝える、今を遺す: 歴史資料、文化遺産、情報資源は誰のものか | トップページ | ■アーカイブズと文書管理: 米国型記録管理システムの形成と日本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/63965512

この記事へのトラックバック一覧です: ■記憶が歴史資料になるとき: 遠藤家文書と歴史資料保全:

« ■過去を伝える、今を遺す: 歴史資料、文化遺産、情報資源は誰のものか | トップページ | ■アーカイブズと文書管理: 米国型記録管理システムの形成と日本 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...