« ■全史料協関東部会第287回定例研究会「武蔵野ふるさと歴史館の構想と取り組み」【10/6】 | トップページ | ■学際シンポジウム「近代日本の日記文化と自己表象-人々はいかに書き、書かされ、書き遺してきたか-」【9/17-18】 »

2016.09.07

■第10回資料保存シンポジウム「未来に遺す情報保存 ‐収集・保存・利活用‐」【10/3】

情報保存研究会が、標記のシンポジウムを開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同会のサイトをご参照下さい。
http://e-jhk.com/html/
----------
日時:平成28年(2016年)10月3日(月) 9:20 開場 ~ 18:00
参加無料
場所:一橋大学一橋講堂中会議場 学術総合センター2階 (東京都千代田区)
 〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内
 東京メトロ半蔵門線、 都営三田線、 都営新宿線神保町駅(A8 ・ A9 出口)
徒歩 4 分
 東京メトロ東西線竹橋駅 (1b 出口) 徒歩 4 分
特別講演:10:00~10:50
「歴史的典籍NW事業の目指すもの」
 講師 国文学研究資料館 古典籍共同研究センター 山本和明氏
特別講演:11:00~11:50
「絵画複製写真のデジタル・アーカイヴ化と美術史研究における活用の可能性」
 講師 日本大学芸術学部 木村三郎氏 日本学術振興会 打林 俊氏
特別講演:13:20~13:50
「目録整備の重要性と配慮すべき視点~資料保存・管理・活用の側面から」
 講師 文化庁文化財部美術学芸課 美術館・歴史博物館室 松本純子氏
特別講演:14:00~14:50
「風化金石文撮影の意義と解析型アーカイブ」
 講師 神戸学院大学 現代社会学部 上椙英之氏
資料保存実用講座:15:00~17:30
企業展示:10:00~18:00
後援:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、国立大学図書館協会、私立大学
図書館協会、全国大学史資料協議会、文化財保存修復学会、ARMA東京支部、
企業史料協議会、記録管理学会、日本アーカイブズ学会、アート・ドキュメン
テーション学会、専門図書館協議会、デジタル情報記録管理協会、日本写真学
会 (以上予定・順不同)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■全史料協関東部会第287回定例研究会「武蔵野ふるさと歴史館の構想と取り組み」【10/6】 | トップページ | ■学際シンポジウム「近代日本の日記文化と自己表象-人々はいかに書き、書かされ、書き遺してきたか-」【9/17-18】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/64170953

この記事へのトラックバック一覧です: ■第10回資料保存シンポジウム「未来に遺す情報保存 ‐収集・保存・利活用‐」【10/3】:

« ■全史料協関東部会第287回定例研究会「武蔵野ふるさと歴史館の構想と取り組み」【10/6】 | トップページ | ■学際シンポジウム「近代日本の日記文化と自己表象-人々はいかに書き、書かされ、書き遺してきたか-」【9/17-18】 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...