« 東北大学学術資源研究公開センター(史料館)准教授1名募集 | トップページ | 国立公文書館 公文書専門員公募 »

2017.01.07

日本アーカイブズ学会 ■2016年度第2回研究集会のお知らせ■

水俣病情報センターの資料整備と活用
―水俣病研究における歴史的資料の意義―

【1】日時:2017年1月28日(土)13:30-16:30
   申込不要・無料
【2】会場:あおぞら財団会議室
   大阪市西淀川区千舟1丁目1番1号あおぞらビル
   JR東西線「御幣島(みてじま)」駅11番出口スグ
   http://aozora.or.jp/accesscontact
【3【3】開催趣旨
公害は現代社会に生きる私たちが取り組むべき諸問題を集約的に反映している現
象のひとつです。公害の多くは化学物質に起因しています。それらの物質は、企
業の経済活動工場の生産活動)の副産物として発生することも、それ自体が生産
の対象であることもあります。私たちのほとんどは化学物質の専門家ではありま
せんが、それらの影響を日々受けています。何か被害が起きたときには専門家で
もないのに被害の有無やその規模について、専門家と対話せざるを得ない場合が
あります。また、先々の被害の発生を危惧するときには、被害の可能性を否定す
る専門家と対峙することもあります。このような経験を積み重ねることで、公害
の発生を未然に防ぐためのしくみづくりがなされてきています。本研究会では環
境省国立水俣病総合研究センター環境保健研究室長の蜂谷紀之(はちや・のりゆ
き)氏をお招きし、水俣の経験がどのようなかたちでセンターの活動に生かされ
ているか、その取組みについて医学的な観点も交えてご報告いただきます。あわ
せて、各地の公害資料館がネットワークを構築し、相互の協力関係を進めている
現状についてもご紹介いただきます。

【4】プログラム(予定・敬称略)
(1)開会挨拶・開催趣旨説明
(2)報告 水俣病情報センターの資料整備と活用
   蜂谷紀之(環境省国立水俣病総合研究センター)
(3)ディスカッション コメンテータ 林美帆(あおぞら財団)
(4)閉会挨拶

*研究集会に先立ち希望者を対象に11:00よりエコミューズ(西淀川・公害と環
境資料館)の見学会を実施します。
 参加ご希望の方は直接お越し下さい(予約不要)。

 http://www.aozora.or.jp/ecomuse/

« 東北大学学術資源研究公開センター(史料館)准教授1名募集 | トップページ | 国立公文書館 公文書専門員公募 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/64732970

この記事へのトラックバック一覧です: 日本アーカイブズ学会 ■2016年度第2回研究集会のお知らせ■:

« 東北大学学術資源研究公開センター(史料館)准教授1名募集 | トップページ | 国立公文書館 公文書専門員公募 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...