« ■松本市文書館の文書館専門員募集 | トップページ | UNHCRアーキビスト モンセラート カネラ ガラヨア氏 来日記念講演難民のアーカイブ その存在と意義~UNHCR国連難民高等弁務官事務所のアーカイブと記録管理~ »

2017.03.03

■大阪の地域資料の保存と活用を考えるつどい【3/11】

標記の研究会が開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、大阪産業労働資料館(エル・ライブラリー)のサイトをご参照くだ
さい。
http://l-library.hatenablog.com/entry/2017/02/09/145927
----------
日にち 2017年3月11日(土)
会場 桃山学院大学梅田サテライト 梅田スクエアビル8F
第1部 10:00~12:00
地域の資料情報を大学・博物館とともに 保存活用する ─総合資料学の試み─
 講師:後藤 真さん(国立歴史民俗博物館)
第2部 13:30~16:30
ワークショップ「地域資料の収集・保存・ 活用のために私たちができること」
 話題提供:地域資料研究会
ファシリテーター:林 美帆さん(あおぞら財団)
主催・お問い合わせ
 地域資料研究会 桃山学院大学共同研究プロジェクト
 島田克彦 https://goo.gl/6YjUyj
共催 あおぞら財団 大阪産業労働資料館(エル・ライブラリー)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■松本市文書館の文書館専門員募集 | トップページ | UNHCRアーキビスト モンセラート カネラ ガラヨア氏 来日記念講演難民のアーカイブ その存在と意義~UNHCR国連難民高等弁務官事務所のアーカイブと記録管理~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/64965770

この記事へのトラックバック一覧です: ■大阪の地域資料の保存と活用を考えるつどい【3/11】:

« ■松本市文書館の文書館専門員募集 | トップページ | UNHCRアーキビスト モンセラート カネラ ガラヨア氏 来日記念講演難民のアーカイブ その存在と意義~UNHCR国連難民高等弁務官事務所のアーカイブと記録管理~ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...