« ■《開催間近》日本学術会議主催学術フォーラム「危機に瀕する学術情報の現状とその将来」■ | トップページ | ■歴史公文書等保存条例記念シンポジウム【5/23】 »

2017.05.17

文化庁国立近現代建築資料館非常勤職員(期間業務職員(研究補佐員))公募

[業務内容]
我が国の近現代建築に係る建築資料(設計図面,スケッチ,模型等)の収集,
保管,展示,調査研究等の建築資料アーカイブズに係る業務

[勤務地住所等]
文化庁国立近現代建築資料館(東京都文京区湯島4-6-15)

[募集人員]
1名

[着任時期]
平成29年7月1日~平成30年3月31日
(原則として採用1月間は条件付採用期間となります。)
(勤務実績等に応じ任用更新可(最大3年))

[応募資格]
・我が国の近現代建築に関する専門的知識があること。
・パソコンで「一太郎」,「ワード」,「エクセル」等が使用できること。
(アーカイブズに関する知見や,英語等の能力があれば望ましい。)

※在学中の者は不可とする
ただし,夜間において又は通信による教育を行う学部・研究科等に在籍してい
る者で,当該学部・研究科等における教育上支障のないと認められる者は除く。

募集期間
2017年05月10日 ~ 2017年05月31日 必着

[応募方法]
・別紙様式1の履歴書(自筆・写真貼付)及び別紙様式2の研究業績調書に必要
 事項を記入の上,下記まで郵送願います。
・封筒の表に「非常勤職員(研究・期間業務職員)応募」と朱書きをしてください。
※応募された書類は,返却しませんのであらかじめ御承知おき願います。(責任破棄)
※応募書類の秘密は厳守いたします。

[選考方法、結果通知方法]
書類選考(第1次選考)の上,面接(第2次選考(6月上中旬頃を予定))の連絡
をします。

[連絡先]
連絡先・書類提出先
文化庁長官官房政策課人事係
 住所:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3丁目2番2号
電話:03-5253-4111(内線2808)

詳しいこと、応募書類の入手については下記をご覧ください。
http://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/saiyo/h29_hijokin_shokuin_20170509.html
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D117050217&ln_jor=0

(毛塚)

« ■《開催間近》日本学術会議主催学術フォーラム「危機に瀕する学術情報の現状とその将来」■ | トップページ | ■歴史公文書等保存条例記念シンポジウム【5/23】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/65290244

この記事へのトラックバック一覧です: 文化庁国立近現代建築資料館非常勤職員(期間業務職員(研究補佐員))公募:

« ■《開催間近》日本学術会議主催学術フォーラム「危機に瀕する学術情報の現状とその将来」■ | トップページ | ■歴史公文書等保存条例記念シンポジウム【5/23】 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...