« ■シンポジウム「ふくしまの未来へつなぐ、伝える ─歴史・文化・震災遺産の保全と活用の今─ | トップページ | 全史料協関東部会第291回定例研究会のおしらせ »

2017.06.10

地方史研究協議会・横浜市歴史博物館共催シンポジウムのご案内

【テーマ】学校資料の未来~地域資料としての保存と活用~
現在、資料の保存・活用をとりまく課題の一つに、学校に所在する資料(学校資料)をあげる
ことができよう。少子化にともない、各地で学校の統廃合が進み、学校資料の散逸が危惧され
ている。また、統廃合に直面していない学校においても、学校に固有な事情が存在する中で、
管理体制が十分に確立できないという問題を抱えている。本シンポジウムでは、学校に所在す
るさまざまな資料が地域の歴史を物語る地域資料でもあるという点に着目し、学校資料を捉え
直してみたい。今後の散逸を防止する観点からも、どのような保存・活用のあり方が望ましい
のか、その多様な資料を総体的に把握し、議論の俎上にあげていきながら考えていきたい。

【日 時】2017年8月7日(日)午後1時30分~5時(1時開場)

【報 告】
①「公文書管理・公文書館と学校アーカイブズ」(仮) 嶋田 典人氏(香川県立文書館)
②「学校文化財がつなぐ学校・地域・博物館」(仮)  羽毛田智幸氏(横浜市歴史博物館)
③「台湾に残る日本統治時代の学校資料」       神田 基成氏(鎌倉学園高校)
質疑・討論

【参加費】500円
【会 場】横浜市歴史博物館 講堂(横浜市都筑区中川中央1-18-1)
【主 催】地方史研究協議会
【共 催】横浜市歴史博物館
【後 援】博物館デビュー支援事業実行委員会、全国歴史民俗系博物館協議会

※詳しいことはhttp://chihoshi.jp/?p=1120でご覧ください。

« ■シンポジウム「ふくしまの未来へつなぐ、伝える ─歴史・文化・震災遺産の保全と活用の今─ | トップページ | 全史料協関東部会第291回定例研究会のおしらせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/65395011

この記事へのトラックバック一覧です: 地方史研究協議会・横浜市歴史博物館共催シンポジウムのご案内:

« ■シンポジウム「ふくしまの未来へつなぐ、伝える ─歴史・文化・震災遺産の保全と活用の今─ | トップページ | 全史料協関東部会第291回定例研究会のおしらせ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...