« 全史料協関東部会第292回定例研究会のおしらせ | トップページ | 歴史資料継承機構第20回例会 »

2017.08.11

■第9回DAN(Digital Archive Network)ワークショップ【8/25】

標記のワークショップが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、メタデータ基盤協議会のサイトをご参照ください。
http://www.mi3.or.jp/news/post-4.html
----------
開催日時:2017年8月25日(金) 13時 ~ 17時 受付:12時30分より)
開催場所:熊本大学附属図書館 グループ学修室
主催  :筑波大学・図書館情報メディア系
後援  :総務省(調整中)、熊本県庁(調整中)、熊本大学附属図書館(調
整中)
       一般社団法人メタデータ基盤協議会(開催事務局)
協力  :東北大学災害科学国際研究所みちのく震録伝、インフォコム株式会

参加費 :無料
≪ワークショップ内容≫
挨拶 杉本重雄(筑波大学図書館情報メディア系・教授)
第1部 講演
基調講演
柴山明寛(東北大学・災害科学国際研究所 准教授)
「東日本大震災アーカイブの利活用の現状とその問題点」
話題提供
総務省 情報流通業政局 情報流通振興課
「総務省におけるデジタルアーカイブの取り組み(仮)」
酒井 淳(岩手県復興局復興推進課 推進協働担当課長)
「岩手県による震災アーカイブの取組
   ~「いわて震災津波アーカイブ~希望~」開設までの経緯~」
熊本県 知事公室 危機管理防災課 熊本地震検証室
「熊本県における震災アーカイブの取組」
筑波大学 杉本・永森研究室
「「震災アーカイブの利活用性向上を目指したメタデータの分析」
 その他最新動向についての話題提供を企画中です。
 プログラムが追加・変更される可能性がございます。
第2部
フリーディスカッション
デジタルアーカイブ構築・運用・利活用のための連携について
 内容は主催者の都合により一部変更する場合がございます。
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« 全史料協関東部会第292回定例研究会のおしらせ | トップページ | 歴史資料継承機構第20回例会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/65652242

この記事へのトラックバック一覧です: ■第9回DAN(Digital Archive Network)ワークショップ【8/25】:

« 全史料協関東部会第292回定例研究会のおしらせ | トップページ | 歴史資料継承機構第20回例会 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...