« ■IIIF (International Image Interoperability Framework)ワークショップ in 九州【10/20】 | トップページ | ■wam国際シンポジウム「国家による人権侵害の記録をどう保存していくのか─公文書管理と草の根アーカイブズの課題」【11/3】 »

2017.10.13

■アートアーカイヴ・シンポジウム「企業アーカイヴの現在」【10/14】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、大阪市のサイトをご参照ください。
http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000412669.html
----------
日時 平成29年10月14日(土曜日)13時30分から16時30分まで
会場 大阪府立江之子島文化芸術創造センター 2階 ルーム8
(大阪市西区江之子島2-1-34)
アクセス 大阪市営地下鉄千日前線・中央線「阿波座」駅下車、8番出口から
西へ約150m。
主催 大阪新美術館建設準備室、特定非営利活動法人Japan Cultural
Research Institute
協賛 株式会社高島屋
参加費 無料
予約 不要(先着50名)
講師
・株式会社高島屋 飯田新吉(高島屋史料館 館長)
・株式会社乃村工藝社 石川敦子(コーポレート本部 チーフ)
・象印マホービン株式会社 山口己年男(まほうびん記念館 館長)
・萬年社プロジェクト 竹内幸絵(同志社大学社会学部 教授、萬年社コレ
クション調査研究プロジェクトメンバー)
 司会:菅谷富夫(大阪新美術館建設準備室 研究主幹)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■IIIF (International Image Interoperability Framework)ワークショップ in 九州【10/20】 | トップページ | ■wam国際シンポジウム「国家による人権侵害の記録をどう保存していくのか─公文書管理と草の根アーカイブズの課題」【11/3】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/65911644

この記事へのトラックバック一覧です: ■アートアーカイヴ・シンポジウム「企業アーカイヴの現在」【10/14】:

« ■IIIF (International Image Interoperability Framework)ワークショップ in 九州【10/20】 | トップページ | ■wam国際シンポジウム「国家による人権侵害の記録をどう保存していくのか─公文書管理と草の根アーカイブズの課題」【11/3】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...