« ■文書等保存利用研修会「歴史資料の公開について考える」【11/27】 | トップページ

2017.11.13

■公開シンポジウム 「地域の記憶と記録を今に活かす ─ 地域文化資源デジ タルアーカイブの役割 ─」【11/24】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、東京文化資源会議のサイトをご参照ください。
http://tohbun.jp/blog/2017/10/23/post-1032/
----------
主催 東京文化資源会議(TCha)
 後援:デジタルアーカイブ学会(JSDA)
 協力:デジタルアーカイブ推進コンソーシアム(DAPCON)
日時・場所
 2017年11月24日(金)午後4時~6時半
 東京大学ダイワユビキタス学術研究館 ダイワハウス石橋信夫記念ホール
構成
1.基調講演「東日本大震災デジタルアーカイブからまなぶ地域アーカイブの
課題」
 坂井知志 常磐大学教授(JSDAコミュニティアーカイブ部会長)(20分)
2.報告1「谷根千デジタルアーカイブの概要と考え方」(20分)
 宮本隆史 東京大学特任助教(TCha地域文化資源デジタルアーカイブPT・
プロジェクトマネージャー)
3.報告2「DAPCONの取り組みと地方デジタルアーカイブ構築・運営支援」
(20分)
 長丁光則 デジタルアーカイブ推進コンソーシアム事務局長
<休憩>(10分)
4.パネルディスカッション「地域文化資源活用にデジタルアーカイブをどう
活かすか」(80分)
<パネリスト>(敬称略)
 長坂俊成(立教大学教授)
 水島久光(東海大学教授)
 宮本聖二(ヤフー(株)映像エグゼクティブ・プロデューサー)
 森まゆみ(作家)
 柳与志夫(東京大学特任教授):司会
参加方法
1.参加費は無料です。
2.参加申し込みは申し込みフォームからお願いいたします。
 125名の定員が埋まりしだい受付を締め切らせていただきます。
3.終了後、午後7時から懇親会を開催します。申し込みフォームに懇親会の参
加希望もご入力ください。
 会場:東京大学山上会館
 会費:5000円
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■文書等保存利用研修会「歴史資料の公開について考える」【11/27】 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/66040472

この記事へのトラックバック一覧です: ■公開シンポジウム 「地域の記憶と記録を今に活かす ─ 地域文化資源デジ タルアーカイブの役割 ─」【11/24】:

« ■文書等保存利用研修会「歴史資料の公開について考える」【11/27】 | トップページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...