ニュース

2016.01.22

日本アーカイブズ学会2016年度ICAソウル大会参加助成について

〇日本アーカイブズ学会では、2016年9月に開催されるICAソウル大会で報告する
会員2名に、参加登録費の全額、または往復運賃(エコノミー)の半額を、各10
万円を上限として助成いたします。2015年11月22日より、JSASのウェブサイトで
もお知らせしていますが、2月1日の応募期限まで2週間を切りました。ふるって
ご応募ください。

募集人員:2名(次点1名も選考します)
助成額 :1名につき上限10万円

方法:
①ICAの大会公式サイトから応募登録し、応募登録画面に記入したものと同内容の
文書(画面コピーで全文が読めるのであれば、画面コピーでもかまいません)を
作成し、「応募書類」としてください。
②氏名、所属、連絡先をメール本文に明記し、「応募書類」を添付して、学会メ
ールアドレス

office_at_jsas.info

宛てお送りください。
③ICAの採択を条件として、助成対象者をJSASが決定します。

応募の条件:
①応募の時点で日本アーカイブズ学会会員であり、2015年度の会費を納入してい
ること。
②2016年中に学会が開催するICA参加報告会(仮)で報告すること。

応募期限: 2016年2月1日(月)

★この件に関するお知らせは(JSASウェブサイト)
http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=241

★ICAソウル大会および応募に関する詳細は
http://www.ica2016.com/eng/seoul/greeting.do

2014.12.23

絵はがきデータベース"あまがさきPCD"公開

 絵はがきデータベース"あまがさきPCD"のご案内です。

 尼崎市立地域研究史料館及び市教育委員会が所蔵する
絵はがき656点の画像を公開するデータベースを、このたび
公開しました。
 画像作成には、史料館ボランティアのみなさんのご協力を
いただきました。

 撮影場所・年代・キーワードなどにより自由に検索できる
便利なデータベースです。
 論より証拠、どうぞご覧ください。

http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/pcd/

(尼崎市立地域研究史料館)

2013.11.11

■共同声明「福島第一原発事故に関わる放射線測定データの保全と後世へのアーカイブズ化を」

日本アーカイブズ学会と日本物理学会は2013年10月31日、標記の共同声明を発表
しました。
各会のサイトで全文が公開されています。
http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=147
http://www.jps.or.jp/information/2013/11/post-11.html
現在放射線測定データを保有している機関や個人に対して、アーカイブズ・シス
テムの態勢が整うまでそれらのデータとそのデータを得た測定についてのあらゆ
る情報(メタデータ)の保全に努めるよう呼びかけています。

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■日本文書情報マネジメント協会のガイドライン

日本文書情報マネジメント協会は2013年10月、以下のガイドラインを発表しまし
た。
-JIIMA文書情報マネジメントセンター サービス・ガイドライン
-JIIMA長期保存用光ディスクを用いたアーカイブガイドライン
同会のサイトで全文が公開されています。
http://www.jiima.or.jp/policy/index.html
主な内容はそれぞれ以下の通りです。
JIIMA文書情報マネジメントセンター サービス・ガイドライン
----------
はじめに
用語の定義
第0章 レベルの設定と管理単位
第1章 文書等の保管施設
第2章 運営管理(設備)
第3章 運営管理(運用)
第4章 その他
第5章 適用除外
補 足「不正侵入防御」、「入退管理」
参考文献
----------
JIIMA長期保存用光ディスクを用いたアーカイブガイドライン
----------
はじめに
本ガイドラインの構成
対象とする読者と適応範囲
本ガイドラインで用いる用語
第1章 現在のアーカイブの課題
第2章 長期保存用光ディスクによるディジタルアーカイブとは
第3章 長期保存用光ディスクの導入手順
第4章 光ディスクによるディジタルアーカイブの実例
参考資料1 関係する国内国際規格
参考資料2 参考ガイドライン
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2013.10.24

三豊市公文書管理条例パブコメ実施について

以下のリンクをご覧ください。
http://www.city.mitoyo.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=9570

(富田)

2013.05.11

全史料協が会員向けに組織問題のアンケート調査実施中

アンケートはhttp://www.jsai.jp/iinkai/secretariat/sosiki-enq.htmlで行っております。
ご回答をお願いいたします。

(富田)

2013.05.02

ICA/SPA(ICA専門職団体部会)より、ヨーロッパデータ保護法案に対する請願への協力願い

日本アーカイブズ学会では標記の願いをwebサイトに掲載しています。
同サイトには下記のような説明があります。

2013年5月1日付、ICA/SPA加盟団体あての同時送信メールで、ICA/SPA運営委
員会決議のお知らせが届きました。
欧州議会で採択されようとしている個人データ保護に関する法案が、個人デ
ータについて、作成時の目的を果たしたのちは早急に廃棄または匿名化する
ことを義務づけていることに対し、フランス・アーキビスト協会が欧州議会
に対して行おうとしている請願について、加盟団体の協力を求める内容です。

詳しいことはhttp://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=133でご覧ください。

2013.03.21

平成25年度アーカイブズ・カレッジ(史料管理学研修会) 開催予定

期間
  長期コース(東京会場):
  平成25年7月22日(月)~8月16日(金)、平成25年8月26日(月)~9月20日(金)
  短期コース(遠野会場):
  平成25年11月11日(月)~11月22日(金)
会場
  長期コース:国文学研究資料館
  短期コース:遠野市立図書館
申込資格
  (1)文書館などの歴史資料保存利用機関をはじめとして、官公署・大学・企業等の文書担当部局
   及び歴史編纂部局、又はアーカイブズを取り扱う必要のあるその他の組織に勤務し、アーカイ
   ブズの収集・整理・保存・利用等の業務に従事している者。
  (2)大学院在学中又は大学卒業以上の学歴を有する人で、アーカイブズ学に強い関心を持つ者。
定員
  長期コース30名(特別聴講若干名を含む)
  短期コース35名
  ※いずれも定員を上回る応募があった場合は選考を行います。
受講料
  無料。ただし、テキスト代(500円程度)、交通費及び滞在費は受講者負担。
募集要項
  講師、科目等、詳しくはこちらをご覧ください。
  PDF 募集要項(PDF形式:1.71MB)
申込み方法
  申込書に必要事項を記入し、封筒に「アーカイブズ・カレッジ申込書」と朱書の上、長期コース
  については平成25年5月10日(金)までに、短期コースについては平成25年6月14日(金)までに下
  記あてに郵送すること(当日消印有効、ファックスは不可)。
  PDF 参加申込書(PDF形式:448KB)
申込み先
  〒190-0014
  東京都立川市緑町10-3 国文学研究資料館管理部総務課企画広報係 宛
問い合わせ先
  国文学研究資料館管理部総務課企画広報係 
電話
  050-5533-2910
FAX
  042-526-8604
電子メール
 Mail01

2013.02.23

(仮称)新潟市文書館整備基本計画(案)の市民意見募集(パブリックコメント)について

新潟市では上記のパブリックコメントを募集しています。
詳しいことは
http://www.city.niigata.lg.jp/smph/kurashi/shimin/pulic/publiccomment/bunkasport/rekishibunka/pc-archives.html
でご覧ください。

2013.01.12

フィルム保存作業ボランティア募集のお知らせ

尼崎市立地域研究史料館が所蔵している、旧広報課撮影写真のうち、ネガ
フィルムに付着しているセロハンテープの除去作業を2月におこないます。
貴重な歴史資料であるフィルムを保存し、活用していくうえで必要不可欠な
作業ですが、かなりのマンパワーを要します。そこで、みなさんのボランティア
協力をお願いする次第です。
日程は以下の通りです。

2月23日(土)・24日(日)の2日間
13時30分~16時まで

作業内容は簡単です。粘着テープでつなげられたフィルムからテープを除去
する作業です。
劣化している資料を扱いますので丁寧で根気のいる作業ですが、特別な経
験・技能は必要ありません。

ご応募は、地域研究史料館宛に電話かFAXにてお問い合わせください。

地域研究史料館
TEL (06) 6482-5246  FAX (06) 6482-5244
※お問い合わせの際は、氏名・ご連絡先(電話番号など)・参加希望日を
お知らせください。
人数によってはご希望に添えない場合もありますので、その旨ご了承くだ
さい。

ふるってのご応募、お待ちしております。

(尼崎市立地域研究史料館)

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...