催事情報

2017.09.20

■第22回ビジネスアーキビスト研修講座【10/6-12/14】

企業史料協議会が、標記の研修講座を開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同会のサイトをご参照ください。
http://www.baa.gr.jp/news.asp?NoteAID=14
----------
日 時
基礎コース(4日間受講)
 10月6日(金)・13日(金)・19日(木)・25日(水)
応用コース(各日選択受講・全6日間)
 11月10日(金)・16日(木)・24日(金) 12月1日(金)・8日(金)・
14日(木)
講義時間 15:15~18:30 (途中で15分間の休憩を取ります)
場 所 東京大学経済学研究科学術交流棟(小島ホール)
 1階 第2セミナー室(10月25日は第1セミナー室)
 東京都文京区本郷7-3-1
アクセス
 本郷三丁目駅 (地下鉄丸ノ内線) 徒歩約 8分
 本郷三丁目駅 (都営地下鉄大江戸線) 徒歩約 5分
 湯島駅 (地下鉄千代田線) 徒歩約 10分
 根津駅 (地下鉄千代田線) 徒歩約 15分
 東大前駅 (地下鉄南北線) 徒歩約 12分
定 員  基礎コース、応用コース各日とも30名(先着順)
料 金
 基礎コース(4日間):会員20,000円、一般30,000円
 応用コース各日:会員6,000円、一般8,000円
基礎コース 4日間通し 申込締切:9/27(水)
基礎1 10月6日(金)
テーマ:「アーカイブズの意義とアーキビストの役割」
 講師:学習院大学文学部教授 保坂 裕興
基礎2 10月13日(金)
テーマ:「企業制度の発達と企業史料」
 講師:東京大学名誉教授 武田 晴人
基礎3 10月19日(木)
テーマ:「レコードマネジメントとアーカイブズ」
 講師:(株)出版文化社 アーカイブ研究所 所長 小谷 允志
基礎4 10月25日(水)
テーマ:「『社史とアーカイブズ』概論」
 講師:東京理科大学大学院 イノベーション研究科教授 橘川 武郎
応用コース 各日選択受講 申込締切:各開催日10日前
応用1 11月10日(金)
テーマ:「資料の収集、評価・選別、管理と活用」
 講師:麗澤大学大学院経済学研究科教授 佐藤 政則
応用2 11月16日(木)
テーマ:「ビジネスアーカイブズに関わる著作権等の法律について」
 講師:ライツ法律特許事務所 弁護士・弁理士 伊藤 真
応用3 11月24日(金)
テーマ1:「 企業資料デジタル化の基礎・実践・課題」
 講師:(株)堀内カラー アーカイブサポートセンター所長 肥田 康
テーマ2:「 事例研究:富士通(株)のアーカイブズ」
 講師:富士通(株)総務部富士通アーカイブズ担当 船村 眞由美
応用4 12月1日(金)
テーマ1:「ビジネスアーカイブズでの資料の保存と管理」
 講師:国立文化財機構東京文化財研究所文化財情報資料部長 佐野 千絵
テーマ2:「 経済学部資料室(解説と見学)」
 講師:東京大学大学院経済学研究科特任助教 森脇 優紀
応用5 12月8日(金)
テーマ1:「企業ミュージアム概論 」
 講師:(公財)日本博物館協会専務理事 半田 昌之
テーマ2:「事例研究:サッポロビール(株)のアーカイブズ」
 講師:サッポロビール(株)サッポロビール博物館学芸員 森 伸一
応用6 12月14日(木)
テーマ1:「事例研究:象印マホービン(株)のアーカイブズ」
 講師:象印マホービン(株)経営企画部・周年事業事務局 樋川 潤
テーマ2:「事例研究:日本フイルコン(株)のアーカイブズ」
 講師:日本フイルコン(株)社史編纂室 元室長 宮川 孝之
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2017.09.15

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会第43回 全国(神奈川相模原)大会及び研修会

テーマ  公文書館法30年-今、問われる公文書管理-

■ 開催要項
1 期  日  平成29年11月9日(木)・10日(金)

2 会  場  杜のホールはしもと
         〒252-0143  神奈川県相模原市緑区橋本3-8-21 電話042-775-3811(代表)
         視察①相模原市立公文書館 緑区久保沢1-3-1 ℡042-783-8053
           ②相模原市立博物館 中央区高根3-1-15 ℡042-750-8030
         

3 主  催  全国歴史資料保存利用機関連絡協議会
4 共  催  相模原市
5 後  援  独立行政法人国立公文書館 神奈川県
        相模原市教育委員会 神奈川県市長会 神奈川県町村会
6 内  容
(1)総 会
(2)大会テーマ研究会
(3)研修会(視察を含む)
(4)機関会員・協賛企業展示、ポスターセッション
(5)交流会

7 申込方法
  ■「参加申込方法」(p.8)をご覧いただき、全史料協ウェブサイトのオンライン
   申込みフォームを利用してお申込みください
   オンライン申込みが難しい場合は、別紙「申込書」にご記入のうえ、大会・研
   修委員会事務局までメール、FAX、又は郵送にて、お申込みください。

※詳しいことはhttp://jsai.jp/taikai/sagamihara/index.sagamihara.htmlでご覧ください。

■シンポジウム「メディア芸術のためのアーカイブ」【9/23】

第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展の関連イベントとして、標記のシン
ポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同展のサイトをご参照ください。
http://peatix.com/event/299545
----------
2017/09/23 (土) 18:30 - 20:00 JST
会場 NTT インターコミュニケーション・センター [ICC] 4階 特設会場 /
NTT InterCommunication Center [ICC], Special Stage [4F]
出演:
 高柳 有紀子[大阪新美術館建設準備室主任学芸員]
 福田 一史[立命館大学 衣笠総合研究機構 専門研究員]
 山川 道子[アーカイブ グループ リーダ−/株式会社プロダクショ
ン・アイジー]
 他
モデレーター:吉田 敦則[文化庁文化部芸術文化課支援推進室メディア芸術
交流係 研究補佐員]
定員200名(定員に達し次第受付を終了させていただきます)。
プログラムの構成および内容は変更になる場合がございます。
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■iPRES 2017【9/25-29】

デジタルデータの長期保存に関する諸課題を議論する国際的な学術会議iPRES
(International Conference on Digital Preservation)が、京都で開催されま
す。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、iPRES 2017のサイトをご参照ください。
https://ipres2017.jp/japanese/
----------
テーマ:“Keeping Cultural Diversity for the Future in the Digital
Space ─ from Pop-Culture to Scholarly Information(多様な文化をデジ
タル空間に保存して未来へ伝える-ポップカルチャーから学術情報まで)”
日 時:2017年(平成29年)9月25日(月)~ 29日(金)
会 場:京都大学国際科学イノベーション棟(吉田キャンパス本部構内)
Programme
25 Mon
13:00-14:00 @ Main Hall
Japanese Tutorial 1
ディジタルリソースの長期保存に関する概観
 Tutorial - Shigeo Sugimoto
13:00-18:00 @ Conference Room 1
METS Editorial Board Annual Face-to-Face Meeting
 Betsy Post and Tom Habing
14:00-15:00 @ Main Hall
Japanese Tutorial 2
社会調査個票デジタルデータの収集、保存、二次分析について
 Tutorial - Yukio Maeda
15:10-16:40 @ Main Hall
Digital Curation of Historical and Cultural Resources in Japan (1)
(in Japanese)
東京大学史料編纂所による前近代日本史史料の調査に基づく史料画像のデジ
タル化とその保存
 Organizer: Taizo Yamada (東京大学史料編纂所 Historiographical
Institute The University of Tokyo)
 Presenter: Taizo Yamada, Akiyoshi Tani, Toru Hoya
15:10-16:40 @ Coneference Room 5
Pre-conference Workshop of Asian Session
2nd Workshop on Academic Asset Preservation and Sharing in Southeast
Asia
 Organizer: Shoichiro Hara
26 Tue
Digital Curation of Historical and Cultural Resources in Japan (2)
歴史資料デジタル記録として何を記述すべきか─日本とアジアと世界─
(with translation)
 Organizer: Makoto Goto (国立歴史民俗博物館 National Museum of
Japanese History)
 Presenter: John Ertl, Yoshiko Shimadzu, Shigeki Moro
13:00-13:30 @ Main Hall
Opening
13:30-14:30 @ Main Hall
Key Note (1)
FAIR Data in Trustworthy Data Repositories
 Speaker: Ingrid Dillo (Data Archiving and Networked Services,
Netherlands)
 Title: FAIR Data in Trustworthy Data Repositories
 Chair: Klaus Rechert
14:40-16:40 @ Main Hall
Asian Session
Reports and Discussion
 Moderator: Natalie Pang (Nanyang Technological University)
 Invited Speakers: Shuji Kamitsuna (National Diet Library, Japan),
Sophy Shu-Jiun CHEN (Academia Sinica, Taiwan), Lee Kee Siang
(National Library Board, Singapore), Wararak Pattanakiatpong
(Chiang Mai University, Thailand), Chito Angeles (University of the
Philippines Diliman, Philippines)
16:40-17:30 @ Main Hall
Posters/Demos Lightning talk
 Chair: Unmil Karadkar
17:30-19:00 @ Foyer
Welcome reception
27 Wed
8:50-10:20 @ Main Hall
Metadata & Linked Data
 ・Katherine Thornton, Euan Cochrane, Thomas Ledoux, Bertrand Caron
and Carl Wilson. Modeling the Domain of Digital Preservation in
Wikidata
 ・Chunqiu Li and Shigeo Sugimoto. Metadata-Driven Approach for
Keeping Interpretability of Digital Objects through Formal
Provenance Description
 ・Florent Aziosmanoff, Chu-Yin Chen, Louise Fauduet, Nola
N’Diaye, Adele Sicre and Celine Thomas. Digital art
posterity: building a data model for digital art corpora
8:50-10:20 @ Conference Room 5
Data management
 ・Jaime Mears, Abigail Potter and Kate Zwaard. Collections as Data:
Preservation to Access to Use to Impact (S)
 ・Claudia Engelhardt, Harry Enke, Jochen Klar, Jens Ludwig and
Heike Neuroth. Research Data Management Organiser. A tool to support
the planning, implementation and organisation of research data
management (S)
 ・David Wilcox. Always on the Move: Transient Software and Data
Migrations (S)
 ・Remco van Veenendaal, Marcel Ras and Marie Claire Dangerfield.
Getting Persistent Identifiers Implemented By ‘Cutting In The
Middle-Man’ (S)
10:30- 12:00 @ Main Hall
Emulation & Software Preservation
 ・Zahra Tarkhani, Geoffrey Brown and Steven Myers. Trustworthy and
Portable Emulation Platform for Digital Preservation
 ・Roberto Di Cosmo and Stefano Zacchiroli. Software Heritage: Why
and How to Preserve Software Source Code
 ・Euan Cochrane, Jonathan Tilbury and Oleg Stobbe. Adding Emulation
Functionality to Existing Digital Preservation Infrastructure (S)
 ・Dena Strong. Phantoms of the Digital Opera: The need for long
term preservation of born-digital actors and multimedia objects
using methods that permit ongoing new creations (S)
10:30- 12:00 @ Conference Room 5
Documentation & Training
 ・Nathan Hall and Michael Boock. Environmental Scan of Distributed
Digital Preservation Services: A Collective Case Study (S)
 ・Lauren Work and Heidi Kelly. Documentation to the People:
Building Empathy into Digital Archiving Documentation (S)
 ・Sarah Mason and Edith Halvarsson. Designing and implementing a
digital preservation training needs assessment: Findings from the
Bodleian Libraries’ institutional repository (S)
13:00-14:00 @ Main Hall
Key Note 2
Digital Dunhuang: A Standard for Digital Preservation
 Speaker: Peter X. Zhou (C.V. Starr East Asian Library, University
of California Berkeley, USA)
 The Digital Dunhuang project is enabling long-term preservation of
cultural heritage of inestimable value, while providing a platform
for sharing all digital assets generated in the act of preservation.
This presentation will examine the major aspects of digital asset
management and digital preservation implemented in this ongoing
project.
 Chair: Shoichiro Hara
14:10-15:10 @ Main Hall
PDF Preservation
 ・Michelle Lindlar, Yvonne Tunnat and Carl Wilson. A Test-Set for
Well-Formedness Validation in JHOVE - The Good, the Bad and the Ugly
 ・Marco Klindt. PDF/A considered harmful for digital preservation
14:10-15:10 @ Conference Room 5
Aquisition & Appraisal
 ・Denise de Vries, Dirk Von Suchodoletz and Willibald Meyer. A Case
Study on Retrieval of Data from 8 inch Disks - Of the Importance of
Hardware Repositories for Digital Preservation
 ・Josh Schneider, Peter Chan, Glynn Edwards and Sudheendra Hangal.
ePADD: Computational analysis software enabling screening, browsing,
and access for email collections (S)
 ・Jin Ha Lee, Stephen Keating and Travis Windleharth. Challenges
in Preserving Augmented Reality Games: A Case Study of Ingress and
Pokemon GO (S)
15:10-15:40 @ Main Hall
Community Building
 ・Rebecca McGuinness, Carl Wilson, Duff Johnson and Boris Doubrov.
veraPDF: open source PDF/A validation through pragmatic partnership
(S)
 ・Joost van der Nat and Marcel Ras. A Dutch approach in constructing
a network of nationwide facilities for digital preservation together
(S)
15:10-15:40 @ Conference Room 5
Tools
 ・Nick Krabbenhoeft. BagIt Fixer-Upper (S)
 ・Kuisma Lehtonen, Pauliina Somerkoski, Juha Tornroos, Mikko
Vatanen and Kimmo Koivunen. Modular Pre-Ingest Tool for Diverse
Needs of Producers (S)
16:00-17:00
Social Events
Kyoto University Library Tour & Kyoto University Museum Tour
Opening hours: 9:30 - 16:30 (entrance closes at 16:00) on September
27, 28 and 29. (Closed on Mondays and Tuesdays.)
17:00-
Banquet venue opens
18:00-
Banquet
@ The Sodoh Higashiyama
28 Thu
8:50-9:50 @ Main Hall
Preservation Systems (1)
 ・Angela Dappert and Adam Farquhar. Permanence of the Scholarly
Record: Persistent Identification and Digital Preservation - A
Roadmap
 ・Bertrand Caron, Jordan de La Houssaye, Thomas Ledoux and Stephane
Reecht. Life and Death of an Information Package: Implementing the
Lifecycle in a Multipurpose Preservation System
9:50-10:20 @ Main Hall
Content Analysis
 ・Natsuko Yoshiga and Shin-Ichi Tadaki. Semi-automated Generation
of Linked Data from Unstructured Bibliographic Data for Japanese
Historical Rare Books (S)
 ・Christopher Lee and Kam Woods. Diverse Digital Collections Meet
Diverse Uses: Applying Natural Language Processing to Born-Digital
Primary Sources (S)
9:50-12:00 @ Conference Room 5
Operational Pragmatism in Digital Preservation
Establishing context-aware minimum viable baselines
 Panel - Somaya Langley, Anthea Seles, Andrea Byrne, Dinesh Katre,
Jones Lukose and Bertrand Caron.
10:30-11:30 @ Main Hall
Preservation Systems (2)
 ・Eld Zierau. OAIS and Distributed Digital Preservation in Practice
 ・Helen Hockx-Yu. Superb Stewardship of Digital Assets - Developing
a strategy for Digital Archiving and Preservation at the University
of Notre Dame
11:30-12:00 @ Main Hall
Certification
 ・Barbara Sierman and Kees Waterman. How the Dutch prepared for
certification
13:00-14:00 @ Main Hall
Key Note (3)
Endeavors of Digital Game Preservation in Japan- A Case of Ritsumeikan
Game Archive Project
 Speaker: Akinori NAKAMURA (College of Image Arts and Sciences,
Ritsumeikan Univeresity, Japan)
 Chiar: Tatsuki Sekino
14:10-15:10 @ Main Hall
Closing
15:30-17:00 @ Main Hall
Manga Workshop
Archiving and Utilization of Japanese Pop Cultures Materials
(tentative)
15:30-18:30 @ Conference Room 5
Digital Preservation Storage
Exploring Preservation Storage Criteria and Distributed Digital
Preservation
 Workshop - Andrea Goethals, Nancy McGovern, Jane Mandelbaum, Sibyl
Schaefer, Gail Truman Technologies and Eld Zierau
15:30-17:00 @ Conference Room 1
WDS Collaborative Session
Research Lifecycle based Research Data Management Requirements and
Its Alignment with Institutional, Domestic and International Contexts
15:30-18:30 @ Meeting Room
A Dutch approach in constructing a network of nationwide facilities
for digital preservation together
 Workshop - Joost van der Nat, Marcel Ras and Eefke Smit
29 Fri
9:00-12:00 @ Main Hall
Curating Digital Content with Fedora
 Tutorial - David Wilcox
9:00-12:00 @ Conference Room 5
Persistent Identifiers
 Tutorial - Jonathan Clark, Juha Hakala
9:00-12:00 @ Meeting Room
Preservation and Access for Privacy-sensitive Collections
 Workshop - Unmil Karadkar, Pat Galloway and King Davis
9:00-12:00 @ Conference Room 1
Innovative approach for project viability
from a diversity of business models to harmonized and scalable
national services
 Workshop - Pierre-Yves Burgi, Eliane Blumer, Andre Jelicic
13:00-16:00 @ Main Hall
Understanding and Implementing PREMIS
 Tutorial - Karin Bredenberg, Angela Dappert, Eld Zierau
13:00-16:00 @ Conference Room 5
BitCurator NLP Tutorial
Applying Natural Language Processing to Born-Digital Collections
 Tutorial - Christopher Lee
13:00-16:00 @ Meeting Room
Working with WARCs
New Tools for Harvesting, Accessing, and Researching Web Archives
 Workshop - Jefferson Bailey and Vinay Goel
13:00-16:00 @ Conference Room 1
Using ePADD to Appraise, Process, and Provide Access to Historically
and Culturally Valuable Email Collections
 Tutorial - Josh Schneider
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2017.09.06

KU-ORCASキックオフセミナー

「デジタル・アーカイブ化の先にあるものー新しい人文学研究のあり方をめぐってー」
日時:2017年9月22日(金) 15:00〜18:00
場所:関西大学東京センターと関西大学千里山キャンパス以文館4Fセミナースペース
   の2会場同時開催、二元中継。
参加費:無料

シンポジウムの詳細は下記ポスターで。
http://www.kansai-u.ac.jp/ku-orcas/img/ku-orcas%20seminar.pdf
要事前申込み、申込みは下記のURLから。
https://goo.gl/6Jj1Dq

KU-ORCASについては下記Webサイトで。
http://www.kansai-u.ac.jp/ku-orcas/

2017.09.04

■日米ビジネスアーカイブセミナー■

1.日 時 2017年9月13日(水)10:40~17:45
           14日(木) 9:45~18:00(予定)
2.会 場 実践女子大学・120周年記念館
      資生堂企業資料館
3.主 催 出版文化社

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://seminar.archive-support.com

■第11回資料保存シンポジウム■

1.テーマ 「原資料保存とデジタルアーカイブ
        その未来 ―さまざまな取り組みの中から―」
2.日 時 2017年10月10日(火) 9:50~18:00
3.会 場 一橋大学一橋講堂中会議場 学術総合センター2階
4.共 催 情報保存研究会・公益社団法人日本図書館協会

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.e-jhk.com/html/index.html

2017.09.02

■第3回デジタルアーカイブ学会定例研究会【9/16】

標記の研究会が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、デジタルアーカイブ学会のサイトをご参照ください。
http://digitalarchivejapan.org/bukai/reikai
----------
1.日時:2017年9月16日(土)午後2時~5時
2.場所:東京大学工学部 2 号館 9 階 93B
(当日土曜日で入館口が限られています。建物西側のフォラムゲートより入館
し、左手のエレベーターで9階までおいでください)
3.発表(2件)
・デジタルアーカイブに関わる肖像権を60分で学ぶ
 福井健策(骨董通り法律事務所)
・アニメーションアーカイブのサバイブ方法
 山川道子((株)プロダクション・アイジー)
4.資料代
会員は無料。
非会員は資料代1,000円を会場でいただきます。お申し出ください。
5.定員 80名 (先着順)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■京都フィルムリマスターズインキュベータ【9/22-10/20】

標記の講習会が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、京都府のサイトをご参照ください。
http://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/news/remaster.html
----------
開催日時
1日目 平成29年9月22日(金曜日) 13時00分~17時00分
2日目 平成29年9月29日(金曜日) 10時00分~16時30分
3日目 平成29年10月6日(金曜日) 10時00分~16時30分
4日目 平成29年10月13日(金曜日)10時00分~16時30分
5日目 平成29年10月20日(金曜日)13時00分~17時00分
会場
1日目 京都文化博物館
2日目~5日目 株式会社IMAGICAウェスト
内容
1日目 フィルムの構造と現像所の歴史
講師|松尾 好洋氏(株式会社 IMAGICAウェスト 映像事業部 フィルムプロダ
クション・ディビジョン)
フィルム保存と復元の重要性について
講師|大矢敦子(京都文化博物館  学芸員)
2日目 フィルム現場見学
講師|柴田 幹太氏(株式会社 IMAGICAウェスト 映像事業部 フィルムプロダ
クション・ディビジョン)
(実技演習)フィルム修復
講師|野原 あかね氏(株式会社 IMAGICAウェスト 映像事業部 フィルムプロ
ダクション・ディビジョン)
3日目 リマスターとは
講師|増田 好宏氏(株式会社 IMAGICAウェスト 映像事業部 フィルムプロ
ダクション・ディビジョン)
(実技演習)スキャニング
講師|井上 大助氏(株式会社 IMAGICAウェスト 映像事業部 フィルムプロダ
クション・ディビジョン)
4日目 (実技演習)カラーグレーディング
講師|二星 正樹氏(株式会社 IMAGICAウェスト 映像事業部 フィルムプロダ
クション・ディビジョン)
(実技演習)パラ消し
講師|朝倉 加恵氏(株式会社 IMAGICAウェスト 映像事業部 フィルムプロダ
クション・ディビジョン)
5日目 上映会とまとめ
講師|野原 あかね氏(株式会社 IMAGICAウェスト 映像事業部 フィルムプロ
ダクション・ディビジョン)
講師|脇川 花緒里氏(株式会社 IMAGICAウェスト 映像事業部 フィルムプロ
ダクション・ディビジョン)
参加費 : 5000円(要事前申込み)
定員:10名程度(応募多数の場合は抽選)
主催 : 京都クロスメディアパーク推進会議
共催/協力 : IMAGICAウェスト、京都府/京都文化博物館
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2017.08.26

平成29年度公文書館機能普及セミナー in 茨城

【テーマ】失われゆく地域アーカイブズの保全のために
【主催】全国歴史資料保存利用機関連絡協議会
【日時】 平成29年10月26日[木] 13:00~17:00
【会場】 茨城県立歴史館講堂(水戸市緑町2‐1‐15)
【定員】 100名(事前申込制 参加無料)

※詳しいことはhttp://jsai.jp/ibbs/b20170825.htmlでご覧ください。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...