催事情報

2017.05.24

■JIIMAセミナー2017「ワークスタイルを変革するデジタルドキュメント─電子文書情報社会の構築─」【5/30,6/9】

日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が、標記のセミナーを東京と大阪で
開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同会のサイトをご参照ください。
http://www.jiima.jp/contents/seminar/cat/jiima_8.html
東京
----------
日時・会場
2017年5月30日(火)
大手町ファーストスクエアカンファレンス
2階 Room B+C、RoomA、RoomD
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1
ファーストスクエア イーストタワー2F
 地下鉄 大手町駅 直結 C8,C11,C12出口
 JR東京駅徒歩4分
受講料:無料
プログラム
Room B+C (2階 定員200名)
B+C1 10:00~10:40 基調講演 デジタルドキュメントの潮流
B+C2 11:00~11:40 特別講演 テレワークを通じたワークスタイル変革お
よび最新の動向
B+C3 13:00~13:40 電子化×自動化で業務効率を向上!ワークスタイル変
革を実現する電子文書管理とは?
B+C4 14:00~14:40 特別講演 紙台帳とEXCELファイルの台帳管理の情報セ
キュリティの課題とリスク管理について
B+C5 15:00~15:40 AIによるデータエントリ業務改革! ~紙文書電子
化コスト削減方式・事例のご紹介~
B+C6 16:00~16:40 特別講演 個人情報保護法大改正 今企業として対応す
べき重要ポイントとはなにか
Room A(2階 定員132名 )
A1 10:00~10:40 A1-1:「JIIMA電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度」
について
A1-2:企業が実践している文書管理のレベルを図る指標を提供するための評
価基準の概要
A2 11:00~11:40 裁判に求められる電子文書の信頼性 -電子文書信頼性プロ
ジェクト中間報告-
A3 13:00~13:40 自治体のセキュアな台帳システムの先進導入事例をご紹介
します
A4 14:00~14:40 「スキャナ保存」断念企業がスマホ「スキャナ保存」導入
!その理由は!
A5 15:00~15:40 働き方改革実現に向けた考え方と実践、その第一歩となる
DocuWorksによる文書の電子化
Room D(2階 定員72名 )
D2 11:10~11:40 電子文書管理運用のグッドプラクティス
D3 13:00~13:40 スキャナ保存制度対応財務会計システム 『原票会計S』
のご紹介
D4 14:00~14:40 e文書法に対応、スキャナーを活用した「TIWC VDR」のご
紹介
D5 15:00~15:40 「電子化文書」から「電子文書」へ ー 競争力強化のた
めのデジタル改革
D6 16:00~16:40 特別講演 テレワークによる多様な働き方実現とBCP活
用事例
----------
大阪
----------
日時・会場
2017年6月9日(金)
大阪産業創造館 6階 会議室E
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
 地下鉄堺筋本町駅徒歩5分
受講料:無料
主催:公益社団法人日本文書情報マネジメント協会
共催:関西イメージ情報業連合会
プログラム
6階 会議室E (定員100名) 開場 12:30
1 13:00~13:40 基調講演デジタルドキュメントの潮流
2 13:50~14:30 電子化×自動化で業務効率を向上!ワークスタイル変革を
実現する電子文書管理とは?
3 14:40~15:20 電帳法スキャナ保存 導入ユーザ事例紹介
4 15:30~16:10 特別講演 国税関係書類のスキャナ保存-規制緩和の最新動
向とソフト認証審査について
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2017.05.18

■記録管理学会2017年研究大会【6/2-3】

記録管理学会が、今年の研究大会を開催します。
詳しくは、同会のサイトの「トピックス」をご参照下さい。
https://www.rmsj.jp/
----------
開 催 日: 2017年 6月 2日(金)、3日(土)
 見学コースにご参加の方は6月2日(金)JR二日市駅待合室に9:05集合です。
会 場 : 九州大学 箱崎地区旧工学部5号館 5階 大講義室、7階多目的演習室
 地下鉄箱崎線 箱崎九大前駅より徒歩約6分
参 加 費:
 正 会 員 1,500円(事前振込)/2,000円(当日払) (含資料代)
 非 会 員 2,500円(事前振込)/3,000円(当日払)(含資料代)
 学生会員 1,000円(事前振込)/1,500円(当日払) (含資料代)
懇親会費: 4,000円(事前振込)/ 5,000円(当日払)
プログラム概要
6月2日(金)見学・特別講演
9:05 集合 JR二日市駅待合室集合
 参考)鹿児島本線快速(大牟田行) 博多8:40→二日市8:58
9:30~10:30 見学会1 福岡共同公文書館(JR二日市駅より徒歩で移動)
 http://kobunsyokan.pref.fukuoka.lg.jp/
11:00~12:00 見学会2 太宰府市公文書館(福岡共同公文書館よりタクシーで
移動
 http://www.city.dazaifu.lg.jp/admin/bunka_sports/kobunshokan/index.html
12:00~14:30 自由行動
14:30 集合 九州大学 箱崎地区旧工学部五号館5階大講義室
 アクセスマップ:https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/campus/hakozaki
 キャンパスマップ:https://www.kyushu-u.ac.jp/f/28544/hakozaki_jp_2.pdf
14:30~17:20
特別講演1 山崎久道氏
 テーマ:『社会科学としての記録管理学の可能性』
特別講演2 藤田理子氏:太宰府市公文書館(専門職員)
 テーマ:『文書の一括管理を目指す太宰府市の取り組み』
17:40~ 懇親会
 海門 https://www.hotpepper.jp/strJ000557177/
6月3日(土)研究発表
8:40~ 受付開始 九州大学 箱崎地区旧工学部5号館5階大講義室
9:00~ 会長挨拶 新会長
9:10~ 9:45 PJ発表1 大学における活用のための教育アーカイブズ保存・管
理・公開システムに関する比較研究
9:45~10:20 PJ発表2 記録管理学体系化に関する研究(その1)
10:20~10:40 休憩・移動 Bグループは7階多目的演習室
10:40~11:10 研究発表1 Aグループ1 Bグループ1
11:10~11:40 研究発表2 Aグループ2 Bグループ2
11:40~12:40 昼食休憩 お弁当を頼んだ方は5階大講義室に取りに来てくださ
い。
12:40~13:10 研究発表3 Aグループ3 Bグループ3
13:10~13:40 研究発表4 Aグループ4 Bグループ4
13:40~13:50 休憩
13:50~14:20 研究発表5 Aグループ5 Bグループ5
14:20~14:50 研究発表6 Aグループ6 Bグループ6
14:50~15:00 休憩・移動 Bグループは5階大講義室へ移動
15:00~15:30 総評 未定
15:30 閉会・解散 記念写真撮影後解散
<発表グループ詳細>
PJ1 戎 子卿
 活用のための教育アーカイブズ保存・管理・公開システムに関する比較研究
~国立系教育大学を例として~
PJ2 小川 千代子
 記録管理学体系化に関する研究 ~2016年度の成果報告~
A1 古賀 崇
 記録管理・アーカイブズにおける「デジタル・フォレンジック」に関する一
考察:国際比較に基づき
A2 新原 俊樹
 電子ファイルを廃棄・選別するための支援環境の構築について
A3 杉原 亨
 質問紙調査の記録分析による体育会学生の実態把握 ~テキストマイニング
の手法を用いて~
A4 元 ナミ
 韓国における「記録管理学」の発展~1990年代から現在まで~
A5 嶋田典人
 出張所アーカイブズの保存・利用~記録管理と地域のオリジナリティ~
A6 永村 美奈
 熊本県における評価選別と「統一的な行政文書の作成、分類、保存及び保存
期間満了時の措置の基準表」
B1 橋本 陽
 中国第二歴史档案館のデジタルデータマネジメント:全宗原則に基づく大規
模デジタル化計画の考察
B2 鳥飼かおる
 「場所論」「筑豊特殊論」から考える筑豊炭田の資料保存にまつわる一考察
B3 阿久津 美紀
 「国際的原則が導く、ケアリーヴァーにとっての平等で公平な記録へのアク
セスとは~レコードとレコードキーピングに関するコンサルテーションペーパ
ーへの提言から~」
B4 加藤 和歳
 保存状態からみた記録の保存管理方法に関する検討 ~方城町史編纂資料の
事例から~
B5 大木 悠佑
 電子記録管理をどのように進めていくか~オーストラリア国立公文書館の取
組みを中心に~
B6 清原 和之
 組織における情報文化とレコードキーピングに関する基礎的考察
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■歴史公文書等保存条例記念シンポジウム【5/23】

鳥取県が、標記のシンポジウムを開催します。
詳しくは、鳥取県立公文書館のサイトをご参照ください。
http://www.pref.tottori.lg.jp/266509.htm
----------
日時 平成29年5月23日(火)午後1時30分から4時20分
場所 とりぎん文化会館(第1会議室)
内容
講演:「歴史的に重要な公文書・古文書の保存と利活用とは」
 講師:早川和宏氏(東洋大学教授・弁護士)
鼎談:「残された戦時記録が語り出す」
 鼎談者
 早川和宏 氏
 豊見山和美 氏(沖縄県公文書館アーキビスト)
 喜多村理子 氏(鳥取短期大学非常勤講師)
主催 鳥取県、県市町村歴史公文書等保存活用協議会
申し込み 無料(どなたでも参加できます)
 手話、要約筆記があります。
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2017.05.11

■《開催間近》日本学術会議主催学術フォーラム「危機に瀕する学術情報の現状とその将来」■

日時:2017年5月18日(木) 13:00-18:00
会場:日本学術会議講堂

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/239-s-0518.pdf

■史料保存利用問題シンポジウム「地域史料の保存利用と公文書管理の在り方」■

日時:2017年6月24日(土) 13:30-17:30
会場:駒澤大学 駒澤キャンパス1号館1-204教場
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.nichirekikyo.sakura.ne.jp/

■アート・ドキュメンテーション学会2017年度年次大会■

【第1日】
シンポジウムおよび野上紘子記念アート・ドキュメンテーション学会賞・推進賞
授賞式
日時:2017年6月10日(土) 13:00-17:50(12:30受付開始)
会場:東京工業大学博物館・百年記念館3階 フェライト記念会議室
シンポジウムテーマ:「大学の姿を描く資料の在り方──評価・活用と組織連携」

【第2日】
公募研究会および学会総会
日時:2017年6月11日(日) 10:00-(9:30受付開始)
会場:東京工業大学博物館・百年記念館3階 フェライト記念会議室

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.jads.org/news/2017/20170610.html

2017.05.07

■フォーラム「なぜアーカイブズは必要なのか Part.2 地方再生に向けた公文書管理」【5/12】

標記のフォーラムが開催されます。
詳しくは、人間文化研究機構のサイトをご参照ください。
http://www.nihu.jp/ja/event
----------
平成29年5月12日(金)13:00~17:00
プログラム
13時~ 開会のあいさつ
 釜石市長 野田武則
13時55分~ 趣旨説明・報告1 これからの被災文書レスキューと震災アーカイ
ブズのあり方
 国文学研究資料館 青木 睦 准教授
13時55分~ 報告2 熊本地震 震災アーカイブズ収集の取り組み
 熊本森都心プラザ図書館 河瀬 裕子 館長
14時40分~ 報告3 公文書を活用して地方再生を図るために
 国文学研究資料館 加藤 聖文 准教授
15時15分~ 報告4 天草アーカイブズにおける公文書の移管と評価選別
 天草市総務部総務課 天草アーカイブズ管理係 橋本 竜輝 主任
15時50分~ 報告5 公文書管理法を活かした新設アーカイブズ-大仙市の事例
から-
 大仙市総務部総務課 アーカイブズ 高橋 一倫 主席主査
16時30分~ コメントと質疑応答
 神戸大学 奥村 弘教授・いわて高等教育コンソーシアム地域研究推進委員
会場:釜石PIT (釜石情報交流センター)
(岩手県釜石市大町1丁目1番10)
入場無料、市民の方々・県市町村等行政の関係者や文化財関係者
主催:国文学研究資料館3研究グループ
共催:釜石市、いわて高等教育コンソーシアム
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■公文書管理法改正に向けての意見交換会【5/11】

情報公開クリアリングハウスが、標記の意見交換会を開催します。
詳しくは、同団体のサイトの「これから開催のイベント」をご参照ください。
https://clearing-house.org/
----------
日 時  2017年5月11日(木) 18時半~21時
場 所  日比谷図書文化館セミナールームA
説 明  三木由希子(情報公開クリアリングハウス理事長)
定 員  20名
資料の準備の都合がありますのでなるべく事前にお申し込みください
資料代  500円
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2017.05.06

全史料協関東部会総会記念講演会(第290回定例研究会) (2017/6/2)地方自治のツールとしての公文書

1.趣旨
公文書館施設においては、公文書を管理・公開する意義として、市民への説明責任や
後世へ知的資源を残していくことなど、その重要性を繰り返し訴えてきているところ
です。また、公文書に残された過去の様々な行政事例は、現在の政策立案の参考資料
となることも期待できます。

しかしながら、現状としては、情報公開制度により現用文書が利用されることは見受
けられますが、歴史的公文書を活用して過去の行政行為に目を向け検証、研究しよう
という動きは残念ながらあまり目立たないように感じられます。

外交文書等の「発見」や公開がニュースになるなど、歴史的な公文書の重要性は認識
されているにも関わらず、いまだ一般の認知度は高くないと言わざるを得ません。

そこで、今年度の総会記念講演会は、東京大学大学院法学政治学研究科の金井利之教
授を講師にお迎えします。金井先生は、日本各地での重要な施策について、そのキー
マンへのヒアリング等を行い冊子にまとめるなどの取組みをなさっています。行政学
研究者の立場から、過去の行政調査の事例をご紹介いただき、調査の過程で感じるこ
とや、地方自治を進める上での資料の価値、公文書館機能に期待することなどについ
て、「地方自治のツールとしての公文書」というテーマでご講演いただきます。

2.日時
 平成29(2017)年6月2日(金)13:20~17:00
  (13:00より総会受付開始)
    総会                    13:20~14:00
  (14:10より講演会受付開始)
    総会記念講演会(第290回定例研究会)    14:30~16:30

3. 会場
   群馬県立文書館 3F研修室
   群馬県前橋市文京町3-27-26
   JR両毛線「前橋駅」下車、徒歩25分
   アクセス→http://www.archives.pref.gunma.jp/

4.内容
 ○演題   地方自治のツールとしての公文書
     講師   金井 利之氏   (東京大学大学院法学政治学研究科教授)

終了後、有志による情報交換会(懇親会)を予定しております。
(会場・会費未定)

5.申込方法
  申込先は下記の通り。

6.締切
  平成29年(2017)5月25日(木)

定例研究会への参加申込方法
「参加申込書」(こちらからダウンロードしてください WordPDF)に 氏名、所属、
連絡先(住所・電話番号)、会員・非会員の別、情報交換会への参加・不参加 を記入
し、事務局へFAXまたは電子メールで送信してください。
 FAX番号 027-221-1628
 メール jsaikantobukai_at_archives.pref.gunma.jp

◎不明な点などございましたら事務局にお尋ねください。
事務局:群馬県立文書館(担当 鈴木・小高・大谷)
〒371-0801  群馬県前橋市文京町 3-27-26
電話 027-221-2346  FAX 027-221-1628
メール  jsaikantobukai_at_archives.pref.gunma.jp

※全史料協関東部会のサイトもご覧ください。http://www.jsai-kanto.jp/

2017.05.03

■地方史研究協議会2016年度第5回研究例会「公害資料をめぐる現状と課題─公害史研究・アーカイブズの視点から─」【5/18】

標記の例会が開催されます。
詳しくは、地方史研究協議会のサイトをご参照ください。
http://chihoshi.jp/?p=1032
----------
日程:2017 年5月18 日(木)18:30~20:30
会場:日本大学商学部1号館2階1202 教室
住所:東京都世田谷区砧5-2-1
 小田急線「祖師ヶ谷大蔵」駅下車徒歩約12 分
 「成城学園前」駅からバスで約10 分
論題 :「公害資料をめぐる現状と課題─公害史研究・アーカイブズの視点か
ら─」
報告者:清水善仁氏
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...